2017年10月17日火曜日

ファッションの特権性は失われた。







こんにちは。雨続きで浴室乾燥の電気代が気になるファッションアナリスト山田耕史​(@yamada0221)です。

友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。

<オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。ダサい服を着なければいいのです。
 
 
シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  
  


・オーバーサイズの服はどこでも買える​


先日、ヴェトモンがオシャレという概念を破壊している、という記事を書きました。


山田耕史のファッションブログ: ヴェトモンが破壊する「オシャレ」という価値観。

今回はその続きです。

ヴェトモンが打ち出して、今大ヒットしているトレンドが「オーバーサイズ」です。

VETEMENTSさん(@vetements_official)がシェアした投稿 -

セレクトショップやファストファッションブランドなどのトレンドに敏感なブランド、ショップはもちろんユニクロなどまでが追随する、​ 世界を席捲するビッグトレンドになりました。

ですがオーバーサイズが流行るまでの、この10年くらいは基本的に細身のシルエットが「オシャレ」とされていました。

流行がマスまで浸透仕切った今は、細身の服はどこでも買えるデザインの商品になりましたが、流行し始めた頃は、それなりに価格は高い上に、どこでも売っている訳ではなく、限られた店でしか手に入りませんでした。

トレンドアイテムを買うためには、普通の人はあまり行かないオシャレなショップに行って、それなりに高いお金を払う必要があったのです。

つまり、トレンドアイテムへアクセスできる人が限られていた​のです。

ですが、オーバーサイズの服はどこにだって売っています​。どんなに安い商品でも、オーバーサイズであることに意味があるので、Mサイズを着ている人ならXLサイズを着れば、それでオシャレになるのです。

そもそも買う必要すらないかもしれません。今のティーンズの男の子なら、父親、若しくは祖父のタンスを漁るとシルエット的にもデザイン的にもイケてる服が手に入るのではないでしょうか。

今のトレンドは誰でもアクセスできる​のです。


・パリコレ=ドンキのヤンキー



上掲の記事でも取り上げた、ヴェトモンのデザイナー、デムナ・ヴァザリアがディレクターを務める老舗ラグジュアリーブランド、バレンシアガの新作であるクロックスとのコラボレーションアイテムも同様です。


Vetememesさん(@vetememes.italia)がシェアした投稿 -


バレンシアガのクロックスは超高価で誰でもアクセスできる商品ではないでしょうが、バレンシアガ気分を味わえる普通のクロックスならもちろん誰でもアクセスできます​

​[クロックス] フィート クロッグ:​¥ 1,490 - ¥ 2,289​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



というか、パリコレクションで発表されている世界の最先端のファッションアイテムが、ドンキホーテにいるヤンキーと同じである、という状況になっているのです。

ヴェトモンではチャンピオンなどのスポーツブランドとのコラボレーションアイテムも発売していますが、似たようなデザインはクロックス同様低価格で手に入れられます。


X Champion Hoodie with Cotton - Vetements | WOMEN | US STYLEBOP.COM

​ ​ ​(チャンピオン)Champion トップス プルオーバースウェットパーカー C3-E127[メンズ] :​ ¥ 6,981 - ¥ 10,584​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



ヴェトモンのアイテム以外にもこの傾向は見られます。例えばこちらもトレンドのガチャベルト。セレクトショップに並んでいる商品が、ワークマンにも並んでいたりします。(しかも超低価格で)

​(ビームス) BEAMS O.ガチャベルト 32mm 11510094629:​ ¥ 2,268​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)







・フラットな世界​



つまり、最新のファッションはオシャレだろうがオシャレじゃかなろうが、金持ちだろうが貧乏だろうが誰でも簡単に手に入れられるものになり、ファッションの持つ特権性は破壊されたと言えるでしょう。


ZARAやH&Mなどのファストファッションブランドは、それまで高価なブランドの商品ににしかなかったトレンドデザインを低価格で販売することで「ファッションの民主化」を実現しました

デムナ・ヴァザリア(だけではありませんね。その周辺のデザイナーも)はそれに匹敵するいや、もしかしたらそれ以上のファッションの革命を起こしているのではないでしょうか。

民主化を更に推し進め、ファッションが完全にフラットになった世界。それがデムナが目指しているものかもしれません。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションに関する質問を募集しています。​
山田耕史のファッションブログ:質問フォーム


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。
この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら

2017年10月16日月曜日

着やすいデザインで高機能。ワークマン「エアシェルジャケット」レビュー。【PR記事】






こんにちは。喉風邪が治らないファッションアナリスト山田耕史​(@yamada0221)です。

友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。

<オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。ダサい服を着なければいいのです。
 
 
シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  
  




・「このレビューはワークマンより製品の提供を受けてのPR記事です」​



ということで、今回はワークマンさんから提供いただいた「エアシェルジャケット」のレビュー記事です。タイトルの【PR記事】や冒頭に↑の一文など、昨今色々あるのでこういうのを書かなければならないのですが、レビュー内容は完全に自由にさせてもらっているので、​ ​嘘偽りのない僕の素直な感想をご紹介します。

こちら商品は以前ご紹介した商品発表会でオーダーしたものです。


山田耕史のファッションブログ: 【アウター編】驚異の機能性と価格。ワークマンの商品発表会レポート。

もっと本気のスペックの商品もありましたが、そこまでガチではない普通の人の日常生活で使える商品として、シンプルなデザインでちょっと肌寒くなってきている今の時期に使いやすそうな「エアシェルジャケット」を選びました。

こちらが商品ページです。


【楽天市場】R-007 エアシェルジャケット:ワークマン 楽天市場店

・シンプルなナイロンパーカ​



いわゆるナイロンパーカ、という感じでしょうか。シンプルでベーシックなデザインです。



フード部分にロゴがプリントされています。普通に着ていればまず見えることはないでしょう。



フード部分アップ。コードでフードのひらきを調節できます。ジップの取手は持ちやすいラバー製です。





胸元にポケット。軽量化のためか、こういったパーカにありがちな裾部分のポケットはありません。



ファスナーは撥水加工をされています。こういったアイテムによく使われている止水ジップはアウトドアテイストが強くなりすぎるので苦手なのですが、このファスナーはベーシックな印象なので良いですね。僕的に結構好きなディティールです。



後ろ。特にこれといったデザインはありません。





・カジュアルからビジネスまで​



ベーシックなデザインなので、どんなアイテム、ファッションテイストにもマッチします。

まずは
アメカジ。アメカジの定番チェックシャツは20年くらい前に古着で購入。ボトムスはこちらもカジュアル度の高い5年以上着用しているユニクロのヴィンテージチノです。ナイロンパーカはアメカジの定番的アイテムですから、難なく合わせられます。



次はちょっと
キレイ目な感じにしてみましょう。端正な表情の+Jのシャツに細身のグンゼレギンスパンツ。こちらも全く違和感はないですね。



ビジネスユース
はどうでしょう。かっちりとしたBEAMS PLUSのテーラードジャケットにイネスコレクションのサックスカラーのシャツ。急な雨のときに着ても、レインコートを羽織っている感はあまり出ないと思います。



汎用性はかなり高いですね。

・折り畳み傘代わりに使えるの?​



スペックはどうなんでしょうか。商品タグを見ると、小雨を想定しているようです。



軽く水に濡らしてみると、きちんと弾きます。軽くてパッカブルなので持ち運びが楽ですし、大雨のときは別として、ちょっとした雨対策に折り畳み傘代わりに鞄に入れておくのも良さそうです。



・ユニクロの類似商品と比べたら?​


ユニクロにも似たコンセプトの商品があります。


この商品は僕も持っていて長年愛用しています。何度か小雨のときに着たこともあるのですが、撥水性ではワークマンのほうが上という印象です。

ユニクロは柳井さん(≒滝沢さん?)の好みのせいか、アクティブウェアはカジュアルには馴染みにくいミニマルなデザインの商品が目立ちます。ユニクロのポケッタブルパーカはかなりシンプルなデザイン。シンプルというよりも、ミニマル、と言ったほうが適切かもしれません。なので、スポーツシーンには簡単に馴染むのですが、街着のカジュアルウェアとしては使いにくいと思います。例えば先程のコーディネートで言えば、キレイ目にはマッチするでしょうが、アメカジやビジネスに合わせるのはちょっと厳しいと思います。

その点、ワークマンのエアシェルジャケットはカジュアルウェアとして扱いやすいデザインなので、先述のチノパンツレギンスパンツだけでなく、ジーパンや軍パンなど、幅広いアイテムに違和感なく調和すると思います。

ユニクロは2,990円(税別)に対し、ワークマンは2,900円(税込)。ちょっとだけ、ですがワークマンのほうが安いですし、個人的には道具としての服の完成度はワークマンのほうが高いと思います。

ワークマンには是非、このエアシェルジャケットのような普通の街着に違和感なく着られる低価格機能服を作り続けてもらいたいですね。

山田耕史のファッションブログ: ワークマンがユニクロを超えるかもしれない3つの理由。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションに関する質問を募集しています。​
山田耕史のファッションブログ:質問フォーム


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。
この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら