ユニクロ、H&Mがブランドイメージアップに選んだスポーツとは?



少し前の話です。

テニスのウィンブルドン男子準決勝を見ていて驚きました。

世界ランキング1位のジョコビッチと

6位のベルディヒの対戦だったのですが、

私が気になったのはふたりのウェアです。




ジョコビッチはご存知ユニクロ。



そしてベルディヒはなんとH&Mだったのです。


改めて調べてみるとニュースも出ていました。


世界のファッション市場でしのぎを削っている

巨大SPAのH&Mとユニクロはテニスでも戦っていたんですねぇ。


ところで、何故両社ともテニスなんでしょう?

調べてみるとH&Mとはスウェーデン選手のオリンピックウェアをデザインしている以外は

特定のスポーツ選手のスポンサードはしていないようです。

(サッカーのベッカムのラインはありますけど)

ユニクロはジョコビッチの他に、

同じテニスの錦織圭と



車椅子テニスの国枝慎吾をスポンサードしています。




世界で人気のあるスポーツといえばサッカーだと思うのですが、

おそらくサッカーはナイキ、アディダス、プーマなどの

既存ブランドが強すぎて新興ブランド勢はなかなか入って行けないのでしょう。


それに比べてテニスは世界的に人気のスポーツといえど、

サッカーよりも参入のハードルは低く、

紳士淑女のスポーツとも評されるように

ロープライスブランドのイメージアップには効果的なのかもしれません。


実際ジョコビッチがユニクロのウェアを着る事に対して

フランスのネット住人の中には

このように興味を持っている人も見られます。


AcoK93 22 mai à 16:07
新しい日本のスポンサーユニクロ格好いいっす
評価するよ
Hallu 23 mai à 9:47
まだヨーロッパでは認知の低いユニクロもこれで変わるな
h31nz3 22 mai à 19:52
ユニクロ興味湧いてきた
フランスで売ってるとこない?
もうすぐスポーツ用品店で買えるようになるといいな
Arlanda Posté aujourd’hui, 13:28
日本発H&Mみたいなかんじかな
2年前オペラ座に店舗オープンした時凄い行列できてた
テニスウェアも販売してくれるようになったのかなー
今度チェックしてきます
結局今年のウィンブルドンはユニクロがスポンサードする

ジョコビッチが優勝しましたが、

今後ロープライスブランドのスポンサードはもっと増えそうですね。

今年の決勝のウェアはユニクロVSアディダスでしたが


その内

ユニクロ VS しまむら

なんかが実現したら面白いですねw


※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。