市場内での自社の立ち位置を知る。






先日のエントリ、


を書く為に様々なショップのウェブサイトを見ていた際に、

WEGOのコーポレートサイトを初めて訪れました。


ここ2年くらいでしょうか。

WEGOの企画の正確さや集客力がかなり上がっており、


平日に行っても多くのティーンズで賑わっています。

売上げも伸びているんだろうなーと思っていたのですが、

その裏付けが

コーポレートサイトに掲載されていた会社概要の業績推移で取れました。



見事な右肩上がりっぷりです。


その他にもWEGOの会社概要は

興味深い内容が沢山あり、

IR向けに

売上げの属性比率の

男女比、年齢比、職業比、地方別エリア比などが

分析されていたり、

オリジナル、ユーズド、セレクトのカテゴリ別商品取扱比率なども

掲載されていますので

特に業界関係者には一見の価値があります。


そんな中、私が面白いと感じたのは以下の文面です。

WEGOの商品戦略としてWEGOのポジションが語られているのですが、


当社は、おしゃれに興味を持ち始めた若者が最初に「買い物をしたい!」と思う
ファッションの入口『エントランスストア』を自社のメインポジションと考え、
「おしゃれ」、「個性的」、「自分らしさ」の表現を目標としてきました。

自分もそうなので自戒も込めて思うのですが、

なかなか自分の置かれている立場や

自分が果たすべき役割って把握がし辛いです。


しかしながら、

自社の立ち位置を

「ファッションの入口」と

冷静に表現出来るWEGOだからこそ

今の売上げの伸びがあるのではないかと思いました。


※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。