日本一のショップスタッフは誰?WEARフォロワー数トップ10ショップスタッフ編。


どうも、WEAR研究家の山田ですw




山田耕史のファッションブログ: WEARのメンズ、レディスのフォロワー数トップ10を調べてみた。

山田耕史のファッションブログ: オシャレな一般ピーポーってどんな感じ?WEARの一般人フォロワートップ10を調べてみた。

今までWEARのフォロワー数トップ10を

総合、一般人限定とそれぞれ出してきましたが、

もうひとつの切り口、ショップスタッフでも出してみました。

勿論レディス、メンズ両方です。

今、WEARで一番人気のショップはどこなのか。

どんなショップスタッフが人気を集める傾向があるのか。

どんな事がわかりますかねぇ。

集計は2014年2月12日にしました。

それではメンズからどうぞー。

1位







ビームス渋谷店。

1位は日本のセレクトショップの草分け、ビームスです。


2位







ビームスライツ渋谷店。

ビームスライツは旅をテーマにした比較的低価格なカジュアルを扱っています。

ビームスがワンツーフィニッシュです。


3位







FREAK'S STORE新宿メンズ店。

アメカジが得意なセレクトショップです。

トップ3はセレクトショップが占めました。

4位







TAKEO KIKUCHI名古屋パルコ店。

いわゆる丸井系の一角で

創業デザイナーの菊池武夫氏が復帰した事もニュースになりました。

タケオキクチは少し意外ですね。

5位







GDCTOKYO。

ドメスティックブランドGDCの東京店ですね。

短命なブランドが多いドメスティックブランド、

しかもスタイリスト発のブランドなのに

思えば結構長くやられてますね。




6位







MIDWEST TOKYO MEN。

ここでモード系ショップが入って来ました。

名古屋発のセレクトショップ、MIDWESTです。


7位







AVIREX。

ミリタリーアイテムを中心にしたカジュアルブランドです。

こちらもちょっと意外ですね。


8位







AVIREX船橋。

連続してAVIREX。


9位







Hour Chambers

名古屋のセレクトショップです。

ここに来て地方のセレクトショップがランクイン。


10位







AAPE。

あの裏原宿ブームの象徴である

A BATHING APEのセカンドラインです。


続いてレディス。

1位







Khajuルクア大阪店。

老舗セレクトショップ、シップスのトレンド性が強めのショップです。

東京が多かったメンズに対し、

レディスの1位は大阪です。


2位







ビームスライツ渋谷店。

メンズ同様2位はビームスライツ。


3位







CANALJEAN神戸店。

1位に続き関西のショップ。

大阪発のセレクトショップです。

レディスは関西が強いですね。


4位







ParAvion松山店。

こちらは四国。


5位







MIDWEST TOKYO WOMEN。

メンズでは6位に入っていたMIDWEST。

これは偶然なんですかねぇ。


6位







MAISON DE REEFUR代官山店。

モデルの梨花がディレクションを務める人気ショップです。


7位







K・B・F南船場店。

またも大阪のショップがランクイン。


8位







ビームスボーイ梅田。

またまた大阪です。

ビームスは強いですね。


9位







Another Edition。

複数の人が出ているので

どの店舗の誰、という訳ではなく

Another Edition共通のアカウントのようです。

こーゆーやり方もありなんですね。


10位







ビームスボーイ原宿。

またも登場のビームスボーイ。


という事でまとめとしては


・ビームス強し

・レディスは関西が人気

・地方の個店セレクトショップも勝機あり


という感じでしょうか。

メンズ、レディスの各トップ10の中で

ユナイテッドアローズ系列は1人、

ベイクルーズ系列に至ってはゼロだったにも関わらず、

ビームス系列は5人と圧倒的な人気。

ECに積極的で大手セレクトショップの中でも一番の

EC比率を誇るユナイテッドアローズが少なかったのが意外でした。

ランキングはマスな人気を誇る大手セレクトショップが中心ですが、

モード系セレクトショップのMIDWESTや

丸井系のタケオキクチも入っているなど、

テイストのハードルもあまり無い模様。

レディスで関西が多かった理由はわかりませんが、

雑誌の露出では東京のショップが中心で

有名なショップスタッフも東京の店舗のスタッフが殆どだと思うのですが、

WEARでは東京偏重にはなっていないようです。

また、メンズのトップ10に地方の名古屋のセレクトショップが入っているように

(因みに私はこのショップを知りませんでした。

恐らく全国的に有名だとは言えないショップだと思います)

知名度で劣る個店でもWEARを上手く使えば

多くのフォロワーを獲得するのが可能である事が

証明されたのではないでしょうか。



※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。