生活密着型ライフスタイルショップは受け入れられるか。



こんにちは。

自転車通勤が気持ち良い季節が到来して

嬉しい山田です。




東京の郊外にある私の家から車で10分程走った所に

とある小規模なショッピングセンターがあります。

格安な食品スーパーが入っているので月に数度行くのですが、

先日久し振りに訪れると、

カジュアルショップ、マックハウスが改装され、売場の一部が雑貨売場になっていました。

調べてみるとこのような業態のようです。

生活をハッピーにするライフスタイル雑貨・ギフトの通販|Navy store(ネイビーストア)


画像引用元:http://www.navystore.jp/

Brandページにストアコンセプトのようなものも掲載されています。












画像引用元:http://www.navystore.jp/brand.html


因みに具体的なショップのイメージはこんな感じです。


画像引用元:http://www.amyu-atsugi.jp/floor/shop/205.html

全体的な店舗のイメージは従来のマックハウスと変わりません。


画像引用元:http://www.amyu-atsugi.jp/floor/shop/203.html

で、マックハウスの一角にこのような

雑貨のエリアが設けられています。


私の想像ですが、

おそらくこのNavy storeは巷で大流行している

ライフスタイルショップの形態を参考にしたのでしょう。

参考:服は脇役?「ライフスタイル提案」ショップが増えた理由 | Fashionsnap.com

上掲リンクでも指摘されていますが、

ライフスタイルショップが人気を集めるようになったひとつのきっかけとして

ロンハーマンが挙げられます。


服だけでなく雑貨を数多く取り揃え、

リッチでリラックス感のある西海岸サーフスタイルの世界観を

強く打ち出した店作りは話題となりました。

上記リンクで紹介されているビームスやシップスなどの

日本のセレクトショップの新業態も

従来の業態よりも雑貨の存在感を高め、

ライフスタイルを強く提案しています。

これらのセレクトショップ発のライフスタイルショップは

ファッションを軸とした「テイスト感」のあるライフスタイルを提案しています。

例えばビームスが運営するビーミングライフストアは

「リラックス感のあるアメカジテイスト」をベースとした

ライフスタイルを提案しています。



他のライフスタイルショップも「ナチュラル」や「スポーツ」など、

「テイスト感」のあるライフスタイルを提案しています。


今回取り上げたNavy storeの興味深い点は

その提案するライフスタイルの「テイスト感」です。



Navy storeで展開されている雑貨は

東急ハンズやLOFTでも売られているような雰囲気のアイテムが多く、

ビーミングライフストアやシップスデイズのような

「テイスト感」はあまり感じられません。

洗練されたデザインの雑貨が中心となっており、

私がNavy storeを見て受けた印象は

「生活密着型ライフスタイルショップ」

という感じです。


マックハウスは自社の顧客層を分析して

このようなライフスタイルを提案するに至ったのか、

それとも他の理由があるのかはわかりませんが、

このような生活密着型ライフスタイルショップが

消費者に受け入れられるかどうか、

今後注目していたいと思います。



※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。