2014年7月14日月曜日

どうすればラブライブ!のファッションはお洒落になるのか?



こんにちは。

来月の神戸への帰省が楽しみになって来た山田です。





1980年生まれの私の生活はアニメと共にあった、と言っても過言ではないでしょう。

小学生の時にガンダムにハマり、

一時期は部活に熱中して少しアニメからは離れたものの

高校生の時のエヴァンゲリオンブームでアニメに出戻り、

その後趣味のひとつとしてずっとアニメを楽しんできました。

今は年に4回の新番組スタート前はGIGAZINEのアニメ新番組特集ページを参考に

チェックするアニメを熟考しているくらいのアニメ好きです。

インターネットでもアニメ関係のブログは幾つか購読しているのですが、

最近同じ様なテーマの記事を続けて見た事が引っ掛かっていました。

それはこちら。

『ラブライブ!』アニメキャラの私服が現実的にはどこが問題かという具体的な指摘wwww|やらおん!

【画像】ブリーチのキャラの私服ダサ過ぎワロタwwwwwww

アニメキャラの私服のダサさに関する話題です。

見てみると確かにダサい。


画像引用元:http://kanasoku.info/articles/49946.html

BLEACHは細身のモノトーンカラーベースで

スタッズやクロスモチーフなどハードなデザイン。

一昔前の丸井風といった感じです。

山田耕史のファッションブログ: 2007~13年の6年間でマルイ系の何が変わったのか?





画像引用元:http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-25234.html

一方ラブライブ!はポップなティーンズカジュアル。

ハニーズよりも子供っぽさが強い感じ。


画像引用元:http://www.honeys-onlineshop.com/shop/contents3/popteen_201408.aspx

強いて言うならしまむら風でしょうか。


画像引用元:http://www.shimamura.gr.jp/shimamura/sp/chokichoki/

ラブライブ!の登場人物は高校1年生~3年生ですが、

それにしてはこちらのリンク先でも指摘されているように、

『ラブライブ!』アニメキャラの私服が現実的にはどこが問題かという具体的な指摘wwww|やらおん!

ファッションがやや幼く、古臭い感じがします。

特にこちらの3人のコーディネイト。


画像引用元:http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-25234.html

ラブライブ!の舞台は東京ですが、

今時東京にこんなファッションをした女子高生を目にする事はまずありません。


何故アニメのファッションはダサいのか。

アニメ制作に関しては全く知識が無いので想像になってしまいますが、

アニメの制作現場に於いてファッションの重要性が認められてないからなのではないでしょうか。

恐らくスタッフにファッションに関心がある人が少なく

衣装の決定もなんとなくの雰囲気で決められているような気がします。

(ファッションに関心がある人が何人かスタッフにいたら
東京都市部で遊んでいる女子高生にこんな服は着せないでしょう)

最近はアニメとファッションのコラボレーションが増え、

ファッションブランドやセレクトショップが発売するアイテムにも

アニメをモチーフにしたものが多数登場しているなど、

劇場版「魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」とのコラボレーションTシャツを受注販売!|News|BEAMS


画像引用元:http://www.beams.co.jp/news/detail/2247


「けいおん!」×「earth music&ecology Japan Label」コラボ... | earth music & ecology Japan Label






画像引用元:http://emae-jp.tumblr.com/post/63558963479/x-earth-music-ecology-japan-label

ファッション業界がアニメを取り入れるようになって来ていますが、

その逆、アニメ業界がファッションを取り入れる事は

こちらの記事で紹介されているようにまだ一部のようです。

『おおかみこどもの雨と雪』の主人公・花に専属スタイリストがいた!? | ニュースウォーカー

注目したいのが登場人物の着ている洋服だ。これらは世界的に活躍するスタイリスト・伊賀大介がスタイリングを手掛けているのだ。
アニメのキャラクターの衣装を、専門のスタイリストが手掛けることは異例中の異例で、作品にリアリティを出すために、衣装にもこだわりを持たせたいということから、伊賀大介がそろえた実物の衣装をアニメーション上でキャラクターが着るという手法がとられた。

この状況を踏まえ、私が思っているのは

「セレクトショップやアパレルブランドがアニメのファッションデザインをしてしまえばいいのでは?」

という事です。

以前、アニメ映画「エキスマキナ」の衣装デザインをプラダが手掛けた事が話題になりました。

あのプラダが日本のアニメ衣装をデザイン! 音楽はYMO改めHASYMOが! - シネマトゥデイ

このニュースを聞いた時、私はこのような取り組みが他のアニメにも

広がっていくのではないかと予想したのですが、

その後同様のニュースは聞いた記憶がありません。(もしあったらすみません)

古くは菊池武夫が手掛けたメンズビギのアイテムを

「傷だらけの天使」で萩原健一が着用して話題になったり、

ヒストリー | MEN'S BIGI | メンズビギ

近年(といっても10年以上前か…)では木村拓哉が着用したアイテムに

プレミアが付いたりといったように

ショップやブランドの映像メディアでのプロモーションはテレビドラマが主流でした。

が、今は以前程テレビドラマに訴求力はなく、

テレビドラマ発のファッションのヒットアイテムというのもなかなか出てきません。


それに対し、アニメの訴求力は年々高まっていると感じます。

ファッションのプロモーションにも絶好の場ではないでしょうか。

以前はファッションとは縁遠い存在であった深夜アニメが

ファッション誌に取り上げられたりするなど、

ファッション好きにもアニメの影響力は高まっています。

また、アニメは日本国内だけでなく世界中にファンを持っており

アニメを観た旅行客のインバウンド消費や

ECでの売上げも期待出来そうです。


ビームスが衣装デザインを手掛けた京都アニメーションの作品や

moussyが衣装デザインを手掛けたプロダクションIGの作品なんかが

いつか登場したら面白いのにな、と思っています。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら