2014年8月25日月曜日

ZOZOTOWNは本当にファション通販の王者になったんだなぁと感じたニュース。



こんにちは。

先週末は花火三昧だったファションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




> 先日このニュースを見て、

ZOZOTOWNは本当にファション通販の王者になったんだなぁと感じました。

フェリシモのファッションブランド『haco.』が、ZOZOTOWNに出店。約140アイテムを8月22日(金)から販売開始。 | 株式会社フェリシモ | プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』


haco.|ハコの通販 - ZOZOTOWN

フェリシモと言えば「○○の会」という

一度申し込むとユーザーがストリートを申し込むまで

毎月続けて商品が届けられる独自のスタイルで

通販業界で独自のポジションを確立しています。





コレクションガイド|フェリシモ

今回スタートしたhaco.のZOZOTOWNのページはこんな感じ。



エムトロワ 袖がミルフィーユみたいなワンピース(ワンピース・ドレス)|EmTROIS(エムトロワ)のファッション通販 - ZOZOTOWN

勿論同じアイテムはフェリシモのサイトでも販売しています。



 エムトロワ 袖がミルフィーユみたいなワンピースの会 | フェリシモ

ZOZOTOWNではこのワンピース一点だけを購入出来るのに対し、

フェリシモでは「エムトロワ袖がミルフィーユみたいなワンピースの会」として

この画像のワンピースが毎月色を変えて一枚ずつ届くようなっています。

(実際は一点だけの購入も可能ですが)


今回、フェリシモが「○○の会」というスタイルを捨て、

「自社カタログやウェブサイト以外で、新たなユーザーと出会える場を増やすため」
(プレスリリースより)

ZOZOTOWNに出店するというのは大きな決断だったのではないでしょうか。

Twitterでもこんな意見が見られました。
フェリシモがZOZOTOWNに出店したというニュースは

ZOZOTOWNが旧来のファション通販を飲み込んで成長していく様を目撃したようで

少し興奮しました。


今後ZOZOTOWNが更に拡大していく事はほぼ確実でしょう。

その中で、既存のファション通販がどれだけZOZOTOWNの軍門に下らずに

生き残って行けるのか、注目だと思います。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら