Featured Post

共通言語はアニメ。ギャルとオタクが接近中。



こんにちは。

以前断念したDreamweaverに再挑戦をはじめてみた

ファッションアナリストの山田耕史(@yamada0221)です。








ギャルとオタク。

今まではなかなか交わる事のない存在だったのではないでしょうか。

ですが、そんな関係性が最近変わりつつあるのかも、と思いました。

それはこのふたつの記事を読んだからです。

黒ギャルとオタクが宅飲みしたら意外と相性が良かったことが判明 | CHINTAI情報局

アニメ好きが集結する“アニ★コン”にガチ潜入レポート! | 109ニュース シブヤ編集部

1つ目はオタクからギャルへのアプローチ。

オタクの家にギャルを呼び、宅飲みしたらどうなるか、という試みです。

2つ目はギャルからオタクへのアプローチ。

アニメ専門チャンネルアニマックスによる街コン、「アニ★コン」に


http://machicon.jp/anicon/

ギャルが参加したというレポートです。

詳しくはリンク先を見ていただきたいですが、

両方とも雰囲気は良好で盛り上がったようです。


http://www.chintai.net/news/2014/08/28/1363/


http://109news.jp/event/20140829/11389/?detail

これらを見て私がつくづく感じたのは

ここ数年のオタクカルチャーのマス化っぷりです。

一昔前はギャルが初音ミクに食いついたり、

ギャルとオタクがファイナルファンタジーの話題で盛り上がるなんていう事は

考えられなかったと思います。

ギャルがアニメやゲームなどのオタクカルチャーを楽しむ機会が増え

オタクとの共通言語が出来た事により、コミュニケーションが以前よりも

円滑に出来るようになったのでしょう。


なかなか出会う機会の無さそうなギャルとオタクですが、

街コンやSNSなど、新しい出会いのツールの登場により

以前よりも出会いの可能性は高くなっています。

その内ギャルとオタクのカップルが大量発生!という

それこそ漫画みたいな光景が見られるようになるかもしれないですね。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら