錦織経由で遂に到来!マイケル・チャンブーム!



こんばんは。

中高6年間軟式テニス部だったファッションアナリスト山田耕史です(@yamada0221)。






2013年5月にこんなエントリを書きました。


当時流行していたネオンカラーが90年代に活躍したアンドレ・アガシを彷彿とさせる、


といった内容です。

このエントリの最後に私は

「トレンドは巡るもの」という事は理解していましたが、
こうやって具体例を発見すると驚きますね。
次のトレンドの元ネタは何になるのか。

ま、私の大好きだったテニスプレーヤー、マイケルチャンになる事はないでしょうねぇ…

と書いたのですが、

今日エッジの効いたドメスティックブランドや個店系セレクトショップなどを紹介しており、

デザイナーやDJなどのお洒落有名人がブログを書いている

最先端ファッションサイト、EYESCREAMから配信されたニュースを見てびっくりしました。



リーボックの復刻スニーカーがリリースされたというニュース。

それがマイケル・チャンが現役当時使用していたモデルなのです。

まさかファッション系メディアでマイケル・チャンという字を見る日が来るとは!



今回の錦織圭選手の活躍でマイケル・チャンの名前を初めて見た方も多いでしょう。


詳しくはwikiでも見ていただいたらいいかと思いますが、


私にとってマイケル・チャンは当時一番好きだったテニスプレイヤー。

こちらが現役当時の画像。


当時テニスのトッププレイヤーでは東洋人系はまだ少なく(彼は台湾系アメリカ人)、

175cmとテニスプレイヤーとしては小柄なマイケル・チャンが

軽快なフットワークによる粘り強いテニスで大柄な白人選手を打ち破っていく姿は

当時弱小テニス部員だった私にとって憧れでした。

ただ、ファッション的に見ると

前述のアンドレ・アガシや当時最強のテニスプレイヤーだった

ピート・サンプラスなどに比べるとマイケル・チャンはどうも垢抜けない印象でした。

そんな彼が当時使用していたスニーカーの復刻版が錦織圭効果でヒット
マイケル・チャンがファッションでも注目の存在に!

という流れになったら面白いのですが、

流石にそこまでは難しそうですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら