俺の大好きなユナイテッドアローズがJ.Crewをパクる筈がない!



こんにちは。

チョコレートの中毒性が恐ろしいファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




先日ユナイテッドアローズのUNITED ARROWS green label relaxingの店頭に

2014年冬カタログがあったので貰ってきました。

店頭で見かけた時にも「んん?」と思ったのですが、

今日出社し、会社にある資料と照らし合わせて確信しました。

それは

・green label relaxingのカタログがJ.Crewをインスパイヤしまくり


という事です。

インスパイヤという言葉に聞き覚えの無い方はこちらをどうぞ。

インスパイヤとは (インスパイヤとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

で、

どれだけインスパイヤしているかは実際にカタログを並べてみると一目瞭然です。

まず、表紙。

上がJ.Crew、下がgreen label relaxingです。

どちらも2014年秋冬の最新カタログです。


表紙を見るだけだと

どちらもキレイ目のトラッドテイストという感じで

ファッションテイストが似ているなーというくらいの印象ですが、

中身を見るとびっくりします。

誌面の演出方法(と言えばいいのかな?まぁ雰囲気的な事)がまるっきり同じです。




写真は上がJ.Crew、下がgreen label relaxingです。

モデルが着用したスタイリングと積み上げたアイテムを並べる

見せ方はほぼ「まんま」と言ってもいいでしょう。

・どちらがどちらかわからなくなる程のインスパイヤっぷり


チェックシャツを並べたり


ニットを並べてカラーバリエーションを見せたり


アイテムを積み重ねて柄やカラーを見せたり。


スニーカーやアクセサリーは床に置いたり。



ニューバランス推しも「まんま」ですが、

これは最近はどのセレクトショップでもそうだから仕方ないかもしれません。



くどいですが写真は上がJ.Crew、下がgreen label relaxingです。

こうやって書いておかないと自分でもどっちがどっちかわからなくなってしまいますw

因みに内容だけでなく、

カタログのサイズ、紙質、ページ数などなど

カタログ自体のスペックもほぼ同じです。

ググってみると過去のJ.Crewのカタログをアップしているサイトを発見しました。

The J. Crew Archives: J.Crew January 2013 Style Guide catalog

green label relaxingのカタログもアップされているので

興味がある方は見比べてみて下さい。

2014 NOV. Catalog 『the GREENPAPER』 | Special | UNITED ARROWS green label relaxing


・日本未上陸の大人気ブランド、J.Crew



ファッション業界では無い方はJ.Crewというブランドにもあまりピンと来ないかもしれません。

J.Crew: Clothes, Shoes & Accessories for Women, Men & Kids

そんな方はこちらをご覧下さい。

ユニクロも惚れた?Jクルーの実力とは | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

今年の春にユニクロによる買収交渉が報じられました。

この記事では「アパレル版アップル」とまで称されていますが、

今日本でも大ブームのシティボーイ風ファッション(ビーニー、スウェット、シャツ、ニューバランス)が

ヒットしたのもJ.Crewの影響が大きかったと思います。

ファッション業界でも注目度が高く、

海外出張では必ず訪れるショップと言えるでしょう。

私も一度、会社の出張でニューヨークのショップ行った事があるのですが、

ショップの演出の上手さは流石と感じました。

・何故天下のユナイテッドアローズがインスパイヤしたのか?

ファッション業界ではJ.Crewのカタログのクオリティの高さは有名で、

私の会社でも海外出張の時は絶対に持って帰らなければならない重要な資料のひとつです。

そんな超有名なJ.Crewのカタログを

何故UNITED ARROWS green label relaxingはインスパイヤしたのでしょう?

J.Crewに対するオマージュなのでしょうか?

それとも

「業界では有名だけど一般人は知らないだろう」みたいな感じで

安易にパクったのでしょうか。

・俺の大好きなユナイテッドアローズがそんな事する筈が無い


私はユナイテッドアローズが大好きです。

いち消費者だった頃から地元神戸のユナイテッドアローズには

足繁く通っていましたし、

ファッション業界で働くようになってからは

企画の的確さ、商品のクオリティ、接客など

あらゆる面で数あるセレクトショップの中で頭ひとつ抜けていると感じるようになりました。

特にDistrict UNITED ARROWSは日本一のセレクトショップだと思っています。

UNITED ARROWS green label relaxingも商品企画の精度の高さにはいつも感服しています。

という風に贔屓目たっぷりですが、

私としてはユナイテッドアローズが安易な、

バレバレのパクリをするとはどうも考えにくいのです。

じゃあこのインスパイヤっぷりは何なんだ?という事なのですが、

こればっかりは自分ひとりでうじうじ考えていてもどうしようもないですね。

なんだかなー、ともやもやした気分を残したままでおしまいです。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら