ファッション業界の常識が変わる?ラルフローレンがコンバースオールスターの模倣中止に同意。



【このエントリのポイント】

模倣が当たり前だったファッション業界。今後は安易な模倣は出来なくなるかも。

こんにちは。

関西風のうどんが好きな

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。





・コンバースが意匠権侵害で31社を提訴


以前当ブログでも話題にしたアメリカのコンバース社が

スニーカーの代名詞とも言うべきオールスターの意匠権を侵害されているとして

ウォルマートなどの大手小売やH&Mなどのファストファッションブランド、

そしてA BATHING APEのノーウェアなど、31社に対して訴訟を起こしたというニュース。

山田耕史のファッションブログ: ファストファッション終了のお知らせ?米コンバース意匠権侵害訴訟の行方。

こちらに動きがありました。

Ralph Lauren Agrees to Cease Converse Imitations Following Trademark Infringement Accusation | HYPEBEAST



ファッションニュースサイトHYPEBEASTが報じたによると

ラルフローレンはコンバースの模倣を中止する事に同意したそうです。
(例によってGoogle翻訳に頼りっきりの日本語訳なので間違ってたらごめんなさい。以下同。)

ラルフローレンはコンバースがミッドソールのストライプとトゥキャップのラバーパーツが

チャックテイラーのコピーであると示したモデルを破棄するそうです。

つまり、コンバース社完全勝利、と言って良いのだと思います。
(一部訳せなかった部分があるので少し不安ですが…)

他の提訴されている企業はどうするのでしょうか。

今後の対応に注目です。

・ファッションデザインの模倣はNGの時代が来る

今までのファッション業界ではデザインの模倣は当たり前の事として黙認され続けてきました。

が、今回の米コンバース社の提訴、

そしてラルフローレンが模倣の中止に応じたという事は

その常識を根底から覆してしまうかもしれません。

現在オールスターの模倣商品は市場に山ほどありますが、

それはどうなるんでしょうか。

少なくとも今後はもうオールスターの模倣をする企業は現れないでしょう。

そしてデザインの模倣はオールスターに限りません。

デザインの模倣をしている企業にとっては

戦々恐々の時代が到来するのかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら