2015年1月13日火曜日

新年一発目のユニクロの打ち出しは?【ユニクロチラシ定点観測vol.17】



こんにちは。

最近腕時計に興味が出てきて今はカルティエが気になっている

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

因みにカルティエを買うお金なんてどこを探してもありません。



日本で一番服を売る企業、ユニクロ。

柳井会長兼社長が毎週直々にチェックしている事でも有名なユニクロのチラシは

最も優れた日本のファッションメディアである、という考えのもと

毎週分析をしているユニクロチラシ定点観測vol.17(2015年1月1日)です。

-----今までのユニクロチラシ定点観測-----
2014年12月30日
ファッションに興味がない人はいつ服を買う?【ユニクロチラシ定点観測vol.16】
2014年12月26日
真冬に春物を売る方法。【ユニクロチラシ定点観測vol.14】
2014年12月23日
号外で冬物を売り切る。【ユニクロチラシ定点観測vol.13】
2014年12月21日
クリスマスの主役はやっぱり子供。【ユニクロチラシ定点観測vol.12】
2014年12月12日
投入!梅春アイテム。【ユニクロチラシ定点観測vol.11】
2014年12月5日
ファッションに興味が無い層をいかに取り込むか。【ユニクロチラシ定点観測vol.10】
2014年11月28日
しつこいくらいにギフトをアピール。【ユニクロチラシ定点観測vol.9】
2014年11月21日
今のユニクロの最強っぷりを見せつけられた30周年感謝祭。【ユニクロチラシ定点観測vol.8】
2014年11月14日
デザインの違いをわかりやすく訴求。【ユニクロチラシ定点観測vol.7】
2014年11月7日
キラーアイテム、スリム暖パンは訴求方法も新しい。【ユニクロチラシ定点観測vol.6】
2014年10月31日
売れたアイテムだからこそアピールが必要。【ユニクロチラシ定点観測vol.5】
2014年10月24日
顧客像を見極める事が必要【ユニクロチラシ定点観測vol.4】
2014年10月17日
商品を買う気にさせる情報とは何か?【ユニクロチラシ定点観測vol.3】
2014年10月10日
デザインは毎週変わる?ユニクロチラシ定点観測中。
2014年10月3日
ユニクロの叡智が詰まったチラシの秘密。


・新年一発目は半額をプッシュ


2015年の一発目を飾る、1月1日元旦のチラシです。

まずは表面。



「新春初売り半額」

の文字が目を引きます。

「ご来店のお客様だけの新春企画!」

の横には小さく

「※オンラインストアでは実施しておりません」

とあります。

財布の紐が緩む正月は

目的買いが中心のオンラインストアではなく、

ついで買いが見込める店頭に来て欲しいという事でしょうか。



その横には

「本年もユニクロは、お得で魅力のある商品を店内いっぱいにして、

皆様のお越しをお待ちしております。」

という決意表明とも見えるメッセージが。

「お得」

「魅力」

「店内いっぱいの商品」

この辺りがキーワードでしょうか。

「お年玉特別企画」

としてカレンダーとお菓子をプレゼント。

ビスコは私も好きです。



 半額アイテムはヒートテックインナー、カシミア100%セーター、

フランネルチェックシャツ。

「お一人様2点まで」

となっています。

最近多いですね。



ヒートテックインナーは形をしっかり表記。



 

表面左下は

「新春お年玉企画」

として

390円など、

「お年玉価格」

が並びます。

 

「ごあいさつ代わりの」

というキャッチコピーが面白いですね。

 

 こちらは

「買わなきゃ損する!」。

 

・新年も続く新調需要


その右側には年末から続く

新年新調需要を狙ったインナー。

5枚セットなど、普段よりもセット数が増加しています。



こちらも新調需要のメンズシャツ。

売れたでしょうね。



続いて裏面。



「お正月にふさわしい!きれいな春色がいっぱい!」

と春物プッシュの姿勢が見えます。

ジーンズ、チノ、ベルトは年末からの継続ですね。



新年の店頭で目立っていたコットンカシミアセータ。

ホワイトのクルーネックは個人的に欲しいなと思っています。

しかし安いですねぇ…



裏面左下は春アウター。

こちらも年末から継続のダウン。



新ウルトラライトダウンは凝ったビジュアルで撥水性をアピール。



こちらは冬物の処分。





キッズベビーはかなり面積が小さいですね。

正月は子供服は売れないという事なのでしょうか。



・【今週のポイント】新調需要は年末だけでなく年始も


今週のポイントはインナーやメンズシャツなどの新調需要アイテムを

年末だけでなく年始も打ち出している事。

特にメンズのシャツはまとめ買いで販売する事で

客単価の大幅増が見込めるでしょう。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら