Featured Post

最近ユニクロチラシのワクワク感がなくなってないですか?【ユニクロチラシ定点観測vol.54】



【このエントリのポイント】最近ユニクロのチラシに魅力を感じなくなってきた。


こんにちは。

食洗機が欲しいけどどれがいいのかわからない

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。







日本で一番服を売る企業、ユニクロ。

柳井会長兼社長が毎週直々にチェックしている事でも有名なユニクロのチラシは

最も優れた日本のファッションメディアのひとつである、という考えのもと

毎週分析をしているユニクロチラシ定点観測vol.54(2015年11月6日)です。

-----今までのユニクロチラシ定点観測-----
2015年9月11日 メンズファッションを売るのに最適な言葉。【ユニクロチラシ定点観測vol.53】
2015年9月4日 男性に服を売る為に必要な事。【ユニクロチラシ定点観測vol.52】
2015年8月28日 これが15秋ユニクロがプッシュするトレンド!【ユニクロチラシ定点観測vol.51】
2015年8月21日 今後売れなくなっていくアイテムの特徴。【ユニクロチラシ定点観測vol.50】
2015年8月7日 TVCMよりも効果のある販促。【ユニクロチラシ定点観測vol.49】
2015年7月31日 9年ぶりにタオル業界に再参入!【ユニクロチラシ定点観測vol.48】
2015年7月24日 機能アイテムは着用シーンを明確にアピール。【ユニクロチラシ定点観測vol.47】
2015年7月17日 注目新アイテム、スマートシェイプジーンズ。【ユニクロチラシ定点観測vol.46】
2015年7月10日 これで決定?スマホアプリのチラシデザイン。【ユニクロチラシ定点観測vol.45】
2015年7月3日 セール時期に投入する夏の新作。【ユニクロチラシ定点観測vol.44】
2015年6月26日 エアリズムが新たな次元に?【ユニクロチラシ定点観測vol.43】
2015年6月19日 やっぱりポロシャツ。【ユニクロチラシ定点観測vol.42】
2015年6月12日 ユニクロの父の日。【ユニクロチラシ定点観測vol.41】
2015年6月5日 売れるアイテムは集中強化!【ユニクロチラシ定点観測vol.40】
2015年5月29日 感謝祭来たる!【ユニクロチラシ定点観測vol.39】
2015年5月22日 機能素材はスポーツの為だけにあるものではない。【ユニクロチラシ定点観測vol.38】
2015年5月16日 これが2015年のユニクロのクールビズ。【ユニクロチラシ定点観測vol.37】
2015年5月9日 ユニクロがミセスに提案する5大キーワードとは。【ユニクロチラシ定点観測vol.36】
2015年5月2日 ポロシャツを売る為に出来る事。【ユニクロチラシ定点観測vol.35】
2015年4月24日 インナーが売れるのはいつ?【ユニクロチラシ定点観測vol.34】
2015年4月17日 キーワードはリラックス感。ユニクロのレディス夏ボトムス。【ユニクロチラシ定点観測vol.33】
2015年4月10日 メンズの夏物で重視する訴求ポイントとは。【ユニクロチラシ定点観測vol.32】
2015年4月3日 丈感はこうやって伝える。【ユニクロチラシ定点観測vol.31】
2015年3月28日 ユニクロがメンズに不必要だと判断した機能。【ユニクロチラシ定点観測vol.30】
2015年3月20日 「選んだ」が新たな価値となる。【ユニクロチラシ定点観測vol.29】
2015年3月13日 2015春、ユニクロがイチオシするトレンドキーワード。【ユニクロチラシ定点観測vol.28】
2015年3月6日 暖かさ、涼しさに続く機能キーワード「軽さ」【ユニクロチラシ定点観測vol.27】
2015年2月27日 幅広い年齢層に興味を持たせる方法。【ユニクロチラシ定点観測vol.26】
2015年2月20日 革新的ジーンズ登場!【ユニクロチラシ定点観測vol.25】
2015年2月13日 ファッションが売れない時代の春ボトムス訴求方法。【ユニクロチラシ定点観測vol.24】
2015年2月6日 今年のバレンタインはユニクロで決まり?【ユニクロチラシ定点観測vol.23】
2015年1月30日 今女性はどんなパンツを求めている?【ユニクロチラシ定点観測vol.22】
2015年1月23日 ヒートテック、エアリズムに続く第三の機能インナーあらわる。【ユニクロチラシ定点観測vol.21】
2015年1月16日 ユニクロはこうやって冬物を売り切る。【ユニクロチラシ定点観測vol.20】
2015年1月9日 冬物売り尽くし!【ユニクロチラシ定点観測vol.19】
2015年1月3日 春アウターの訴求方法。【ユニクロチラシ定点観測vol.18】
2015年1月1日 新年一発目のユニクロの打ち出しは?【ユニクロチラシ定点観測vol.17】
2014年12月30日 ファッションに興味がない人はいつ服を買う?【ユニクロチラシ定点観測vol.16】
2014年12月28日 年末チラシラッシュ!【ユニクロチラシ定点観測vol.15】
2014年12月26日 真冬に春物を売る方法。【ユニクロチラシ定点観測vol.14】
2014年12月23日 号外で冬物を売り切る。【ユニクロチラシ定点観測vol.13】
2014年12月21日 クリスマスの主役はやっぱり子供。【ユニクロチラシ定点観測vol.12】
2014年12月12日 投入!梅春アイテム。【ユニクロチラシ定点観測vol.11】
2014年12月5日 ファッションに興味が無い層をいかに取り込むか。【ユニクロチラシ定点観測vol.10】
2014年11月28日 しつこいくらいにギフトをアピール。【ユニクロチラシ定点観測vol.9】
2014年11月21日 今のユニクロの最強っぷりを見せつけられた30周年感謝祭。【ユニクロチラシ定点観測vol.8】
2014年11月14日 デザインの違いをわかりやすく訴求。【ユニクロチラシ定点観測vol.7】
2014年11月7日 キラーアイテム、スリム暖パンは訴求方法も新しい。【ユニクロチラシ定点観測vol.6】
2014年10月31日 売れたアイテムだからこそアピールが必要。【ユニクロチラシ定点観測vol.5】
2014年10月24日 顧客像を見極める事が必要【ユニクロチラシ定点観測vol.4】
2014年10月17日 商品を買う気にさせる情報とは何か?【ユニクロチラシ定点観測vol.3】
2014年10月10日 デザインは毎週変わる?ユニクロチラシ定点観測中。
2014年10月3日 ユニクロの叡智が詰まったチラシの秘密。


転職や第二子出産などのドタバタで前回の更新から2週間も経ってしまいました。

今月からは心機一転!

今までのようにチラシ全部を紹介するのではなく、

ポイントを絞ってご紹介しようと思います。

今後は毎週更新するつもりです。…多分。

・ニット大幅値下げ

今週のメインアイテムはニット。

メンズのニットは2990円が1690円に大幅値下げ。

やはり今まで2000円アンダーが中心だったユニクロのニットが

3000円オーバーとなるとちょっと高い印象ですね。

今の価格設定は今後も続くのでしょうか。



・あまり目立たない印象ダウン


昨年から注目されているインナーダウン。

ユニクロチラシでは思った程アピールされていません。

インナーダウンは重アウターが必要なくなる、

温度調節が楽になるなどかなりメリットがあるのですが、

そこらへんアピールしないんでしょうか。

そこをアピールしすぎたら重アウターが売れなくなるという判断でしょうか。

確かにウルトラライトダウンが売れるよりも

単価が高いダウンジャケットが売れてくれた方がいいですもんねぇ。



・物は言いよう


こちらはフリースTシャツ。

私がユニクロでバイトしていた頃はシニアや

外でのお仕事の方に人気だったモックネックが今やトレンドアイテムに。

…でもこのフリースTシャツをファッショナブルに着こなすのはかなりハードルが

高い気がするんですが大丈夫でしょうか。



・機能アイテムはファッション性を追加


機能的には進化しきった感のある暖パンは

ジョガーパンツにしてファッション性を訴求。

シルエットやリブだけではファッション性のアピールが不十分だという判断でしょうか。

ウェストとポケットの配色が加えられていますが、

逆におじさんっぽい印象になってしまっているのではないかと思います。

シンプルにしてくれた方がいいんですけどねぇ。



その点こちらのジーンズはシンプルでいい感じ。

「暖パンだけど暖パンに見えないデザイン」

は求めている人多いのではないでしょうか。



・アウター売れていますか?


メンズのウールアウターが大幅値下げ。



特にテーラードジャケットは4000円とかなりの値下げ幅。

売れているのか心配になります。



・値上げのせいだけじゃない


秋になってからでしょうか。

以前は感じていたユニクロのチラシを見た時のワクワク感が

なくなってきているような気がします。

値上げでユニクロの魅力が失われているという指摘は多くなされていますが、

このワクワク感の無さはそれが原因ではない気がします。

最近は魅力的なアイテムが減っているのではないでしょうか。



最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら