Featured Post

スニーカーブームがまだまだ続くと思う理由。



【このエントリのポイント】スニーカーは「楽」「誰でも似合う」「安い」からブームが続いている。

こんにちは。

slackに憧れている

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。



・キーワードは「楽」「誰でも似合う」「安い」




こんなニュースを目にしました。

ABCマート、空前のスニーカーブームで疾走 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

私はスニーカーブームはまだまだ続くと思います。

なぜならスニーカーは

「楽」で「誰でも似合う」上に価格が「安い」からです。

どんな人でも着るもの履くものは「楽」な方が良いでしょう。

しかもそれがおしゃれに思われるなら飛びつかない訳がありません。

「楽」なことは麻薬みたいなものでなかなか抜け出せません。

「楽」なスニーカーに慣れてしまうと

もしスニーカーの次にヒール靴がトレンドになったとしても、

スニーカーから離れられない人は少なくないと思います。

「誰でも似合う」はファッションアイテムがヒットする上で最も重要な要素です。

今や様々なデザインが登場しているスニーカーが似合わない人はまずいないでしょう。

「安い」は当たり前ですね。

おしゃれに思われるアイテムを安く手に入れられて怒る人はいません。

・ブームには絶対に終わりがある


エアマックスブームがファッションの目覚めだった私は大のスニーカー好き。

シューズは基本的にスニーカーしか履いてこなかったのですが、

昨今のブームで少しスニーカーを履くテンションが下がってしまい

最近はレザーシューズを履く頻度が増えてきました。

おそらくブームというのはこのような気分が徐々に広まることで終わるのでしょう。

私はあと2年、スニーカーの好調は続くと予想します。

結果発表を2年後くらいに当ブログでできたらいいですねー。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。






※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。

このエントリを書いた人
山田耕史

ファッションアナリスト
詳しいプロフィールはこちら