旅行には「汚れが気にならない服」が便利。

こんにちは。

須磨の昆布屋さんで買ったとろろ昆布がお気に入りの

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。



・ゴールデンウィーク向け厳選コーディネート!


終わってしまいましたね。

ゴールデンウイーク。

私は実家の神戸で過ごしたのですが、

旅行での荷物は最小限に抑えたいもの。

今回私が持って行った服はアウター×1、トップス×3、パンツ×2。
(部屋着は実家に置きっ放し)

唯一持って行ったアウターは古着屋で購入したワークジャケット。

数千円だったと思います。



これがとても役立ちました。

なぜなら

汚れてもあまり気にならないから

です。

0歳と3歳の子供がいる我が家の休日の外出先はアウトドアが中心。

今回も公園や牧場、海などアウトドアを存分に楽しみました。

しかも今回は0歳の子供が風邪をひいており

鼻水が出っ放しだったので私のアウターが汚れてしまうこともありました。

・汚れが気にならない服


が、このワークジャケットはそんな汚れはあまり気になりません。

私は最近古着ではない普通のテーラードジャケットを着ることが多いのですが、

もしゴールデンウィークにそれを着て行ったら

汚れが気になっていたでしょう。

私の古着のワークジャケットはもともと結構ヨレヨレになっていることに加え、

ワークウェアなので多少の汚れは「アジ」として許容できてしまいます。

もちろん洗ってきれいにできればそれがベストなのですが、

それが難しい旅行などの時は「汚れが気にならない服」を着ていくのは

なかなか良いと今年のゴールデンウィークで気づきました。

・アメカジが基本


では具体的に汚れが気にならない服ってどんなのでしょう?

私が着用していたワーク系やミリタリー系など、

いわゆる「アメカジ」は比較的汚れが気にならないと思います。

アウトドア系も良いのですが、

あまりに本気のアウトドア系コーディネートだと

行く場所によってはかなり浮いてしまうことがあります。

なので私のお薦めはワーク系をベースにしたジャケットスタイル。

カジュアルな雰囲気のジャケットに



オックスフォードシャツ、



チノパンツってな感じのコーディネートなら



たいていの人に似合うでしょうし、

ある程度どんなところでも行けるのではないかなーと思います。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら