東京オリンピックで日本代表のユニフォームを手掛けるデザイナーを予想してみた。



【このエントリのポイント】とりあえず高島屋はやめましょうよ。

こんにちは。

やはりラルフローレンは偉大だと思う

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

今朝目にしたこのニュース。

リオ五輪、日本はダサすぎ?ドン小西さん「せっかくの選手の活躍が」 - withnews(ウィズニュース)

結構話題になっているリオオリンピックの日本のユニフォームの残念さについて語っています。

私がこの記事で面白いと感じたのはこの部分。

 ユニホームは、機能とともに、審美性、時代性、テーマを盛り込むもの。ならば「今」の日本を象徴するようなデザインだったり、もっとも旬なデザイナーを使ったりするべきでしょう。
 世界で活躍する次世代デザイナーはたくさんいる。今だったらサカイやハイク、ジュンヤワタナベなんていいんじゃない?
まさかドン小西さんからサカイやハイクなんてブランドが出てくるとは意外でした。

これだけ世間が盛り上がったのですから、

次回の東京オリンピックでは高島屋に発注することはまさかないでしょう。

他国のようにファッション感度の高いデザイナーを起用する筈です。

【まとめ】どの国がおしゃれ?リオ五輪に向けて各国のユニフォームが続々発表 | Fashionsnap.com

そこで勝手に東京オリンピックで誰が日本代表のユニフォームを

手掛けるか予想してみました。

本命: 阿部千登勢(sacai)


http://www.fashionsnap.com/inside/fukubito-sacai-abe/

ドン小西さんと同意見になってしまうのは避けたかったのですが、

現時点で日本を代表するデザイナーであることは間違いないでしょう。

NIKEとのコラボの実績もあるのでセレモニー用だけではなく、

実際の競技用も手掛けて欲しいですね。


http://www.fashion-press.net/news/15433

対抗: 森永邦彦(ANREALAGE)


http://www.fashionsnap.com/live/anrealage/43991/

セレモニー映えする衣装を創ってくれること間違い無し。

ライゾマティクスやチームラボなどと組んで

未来の開会式をやってもらいましょう!



大穴: NIGO(HUMAN MADE・元 A BATIHNG APE)


https://hypebeast.com/2015/9/nigo-appointed-as-new-creative-director-of-yoho

もしかしたら日本のファッションクリエイターの中でも随一と呼べる

知名度を誇っているのではないでしょうか。

日の丸を意識した紅白の迷彩とか・・・駄目ですかね。

ある意味日本 独自で海外にも受け入れられたファッションだと思うのですが。


http://item.rakuten.co.jp/moncachette/107857637/

いかがだったでしょうか。

日本のファッションデザイナーと言えば誰もが思いつく

三宅一生、山本耀司、川久保玲の御三家や高田賢三によるユニフォームも

個人的には見てみたいのですが

やはりここはそれよりも若い世代にやってもらいたいので選外にしました。

川久保玲の真っ黒ユニフォーム、見たいですけどね。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら