Featured Post

近づく未来!ビックロのguのセルフレジを画像多めでレポート。



【このエントリのポイント】楽しい上にレジ待ちゼロ!どんどん広がって欲しい。

こんにちは。久し振りに晴れてロードバイク通勤ができたファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。


先日久し振りに新宿のビックロにあるguを訪れるとセルフレジが導入されていました。気付いていなかったのですがニュースにもなっていたんですね。
ユニクロ系企業でセルフレジ導入へ 「究極の人員削減」が始動? - ライブドアニュース



ビックロのguは売り場面積が広く品揃えが豊富、新宿駅から地下街で行けるなどメリットが多い店舗なのですが、いつも混み合っており特に休日は勿論平日でもレジ待ちをすることがあるのでそれが玉に瑕でした。それを解消するのがこちらのセルフレジ。ロードバイク通勤に丁度良い感じのストレッチの効いたジョガーパンツを発見したので購入することにし、セルフレジを試してみました。私が訪れたのは平日の夕方。レジ待ちはなく、10台くらいあったセルフレジは5台くらい使われていました。セルフレジの大きさはATMくらい。



画面の指示に沿って進めます。



まずは商品をハンガーから外し、下のボックスに入れます。



カゴのままでOKです。



アプリ会員はバーコードで読み取り。私は会員ではなかったので右側のボタンをタッチ。



代金を確認して



スマホのクーポンも使えます。



支払いは現金でもクレジットでも。



私はクレジットを選択しました。



サイン、暗証番号は不要。



レシートが発行されます。



これで支払いは終わり。



商品を取り出して



レジの横にあるカウンターで自分で袋詰め。



私は袋に入れず、そのままバックパックに入れて帰りました。



久し振りに買い物をしていてテンションが上がる新鮮な経験でした。私の隣で袋詰めしていたティーンズの女性ふたりも「面白い」を連発していました。guは客層が若いので受け入れられやすいでしょうね。



企業側の狙いは勿論人件費の圧縮でしょうが、ユーザーとしても楽しい体験になるので広がるのではないでしょうか。私は大歓迎です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら