Featured Post

Uniqlo Uを試着しまくった上で購入した楽チンなのに上品な神パンツを徹底レビュー。

【このエントリのポイント】コットンツイルイージーパンツは絶対買い!

こんにちは。
「普通のファッションでいい」人のためのメンズファッションキュレーションメディア、
山田耕史のファッションブログです。



昨日、ついにリリースされたクリストフ・ルメールによるユニクロの新ラインUniqlo U。もうごらになりましたか?大のユニクロ好きで昔からクリストフ・ルメールのファンだった私はこのラインにかなり期待していたので、昨日の朝10時過ぎに新宿のビックロに到着。全アイテムをチェックした後に気になるアイテムを試着してきました。今回はそのレポートと、厳選して購入したアイテムのレビューです。

・Uniqlo Uはファッション感度高め


以前公開されたUniqlo Uの画像を見た時に私はTwitterでこう呟きました。



画像を見て私はかなりベーシックなデザインだという印象を受けたのですが、昨日実際に商品を見ると画像で見たときよりもかなりファッション性の高さを感じました。つまり、Uniqlo Uにはかなりオシャレなアイテムが多いという事です。「ファッション性が高い」、という言葉の反対語は「ベーシック」。ベーシックなアイテムほど着こなしが簡単かつ着まわしがしやすいので、ファッション性が高いUniqlo Uはは着こなすのが難しく着まわしがしにくいという事です。例えばこちらのアイテム。

ユニクロ MEN ブロックテックコート+E - UNIQLO ユニクロ



パッと見はベーシックなデザインに見えますが、着てみるとかなりゆったりとしたシルエット。クリストフ・ルメールは元々リラックス感のあるデザインが得意でしたし、今のトレンドがビッグシルエットという事もあるのでしょう。とにかくファッション性が高く、着こなしが難しそうでした。例えばファッション上級者が着用したり、↓の画像のように、全身Uniqlo Uでまとめたりすると格好良くなると思うのですが、ファッション中初級者が手持ちのアイテムにプラスして着こなすのは難しそうでした。



・で、どのアイテムが買い?


その中でも私が多くの人にお薦め出来る、コストパフォーマンスが高く着こなし着まわしが簡単なアイテムをいくつかご紹介します。まずはこちら。

ユニクロ MEN オックスフォードシャツ(長袖)+E - UNIQLO ユニクロ



シンプルなオックスフォードシャツです。残念ながら私(175cm、65kg)には少し肩周りが窮屈に感じ、動きにくそうだったので購入は見送ったのですが、シンプルでキレイ目に着られるオックスフォードシャツってなかなか見つからないのでこの値段で買えるのは良いと思います。カラーバリエーションも良い感じでした。中でもお薦めはオリーブです。








このオックスフォードシャツとほぼ同じパターンと思われるブロードシャツもいい感じ。

ユニクロ MEN エクストラファインコットンブロードシャツ(長袖)+E - UNIQLO ユニクロ



オックスフォードシャツと同様の理由で買いはしなかったのですが、良いアイテムだと感じました。こちらはホワイト一択ですね。


・で、何を買ったのか?

色々試着した結果、私が購入したのはたった一点。こちらのアイテムです。

ユニクロ MEN コットンツイルイージーパンツ - UNIQLO ユニクロ



私はイージーパンツには目がなく、Uniqlo Uのアイテムが公開された時もこのアイテムは絶対に買いだな、と思っていたらやはり実際に買ってしまいました。購入分を撮影したのでご紹介します。まず私がこのパンツに惹かれたのはグラミチのクライミングパンツ



を思わせるウェビングベルト(ナイロンのベルトが内蔵されたイージーウェスト)付きのイージーウェスト。一度イージーウェストの楽さを知ってしまうともうベルトが必要なパンツには戻れません。服は楽なのが一番です。ちなみにカラーはブラック。他のカラーは着こなしが難しそうなのでやめておきました。

・最大の特徴は「楽なのに上品」


楽さだけで選ぶならグラミチでも良いのですが、このアイテムの最大の特徴はその上品さ。さすがクリストフ・ルメール、という感じです。具体的にその上品さを醸し出している要素はシルエットと素材。まずシルエットはグラミチのいかにもアメカジな太いシルエットとは違い、細身かつ裾に向かって絞られているテーパードシルエット。そして素材は一見ウールパンツにも見え、テーラードジャケットとも相性が良さそうな上品な起毛感のある素材ですが、コットン100%のツイル素材。実はコットン100%で細身シルエットのパンツってなかなか見つからないんです。シルエットが細身になると運動性がなくなる(動きづらくなる)ので一般的にストレッチ素材が多くなります。ストレッチ素材に不可欠なのがポリウレタン素材で、スキニーパンツはコットン97%、ポリウレタン3%などという組成になるの事が多くなります。持論なのですが、ポリウレタンが入ると経年変化、いわゆる「アジ」というものが出にくくなる気がするのです。グラミチでも上品な印象の細身シルエットのアイテムは発売されているのですが、



こちらは当然ストレッチ素材。ポリウレタンが含まれています。ポリウレタンが含まれていない細身のパンツは 結構レア。しかも履いていて楽なイージーウェスト、という要素が加わると市場にそんなアイテムってほぼ存在しないと思います。そんなレアなアイテムをクリストフ・ルメールは作ってくれました。

私は基本的にパンツはロールアップして履く(ロールアップしたら100%格好良くなると信じています)ので写真もロールアップして撮ってみました。テーパードしている上品なシルエットです。



こちらがグラミチに代表されるクライミングパンツ特有のガゼットクロッチという股下のディティール。 クライミングをする際に股を広げやすくする為の役割があります。



ガゼットクロッチがあるとこんな風に開脚も楽々。上品な印象のパンツでこんな事が出来るアイテムってなかなか無いと思います。



・上品さをプラスするディティールが続々


グラミチなどのクライミングパンツだと無骨なプラスチック製が多いウェビングベルトのバックル部分。それがUniqlo Uになると高級感のあるメタル素材に。これ、かなり良い素材だと思いますよ。



ベルト自体もきめ細やかな素材で上品。このベルトがチラッと見えるだけで結構オシャレ感アップするのではないでしょうか。



ポケットはスラックスのような斜めポケット。ここでも上品さアップ。



右前のポケットにはキーホルダーなんかを付ける用でしょうか?ループが付けられていました。珍しいディティールですね。



前開きはジップ。ですがウェスト部分はボタンなどが無いので少し脱ぎ穿きが面倒かもしれません。



バックスタイル。



バックポケットもスラックスの両玉縁ポケットを彷彿とさせるデザイン。



ですが、ポケットの裏には実用的なスナップボタンが付いており財布やスマートフォンを入れても安心です。



このように、「楽なのに上品」というのがこのアイテムの最大の特徴だと思います。

・半日試用してみました

昨日の夜洗濯し、今日穿いて出掛けてみました。我が家の休日の主な行き先は公園。子供がふたりいるのでアクティブに遊ぶ事が多いです。今日も公園に行き、滑り台などの遊具でがっつり遊んで来ました。私は写真撮影が趣味なので膝を付いて子供の写真を撮ったりする事も多くあります。そんな時、このパンツのように低価格、かつコットン100%でガンガン洗濯出来るアイテムだと気を使わなくていいのでかなり楽。そんなこんなで今日だけでかなり汚してしまいました。



ですが、どれだけ汚してもこのアイテムは3900円。グラミチよりもかなり安いんです。さすがコスパの王様、ユニクロ。家に帰って洗濯機に放り込んでおきました。洗濯を重ねて今後どんな感じでアジが出てくるかも楽しみです。経過はここでまたご報告しますね。



最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。



このエントリを書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら