【11/22まで】ベーシックで使えるGUニットキャップがセールで390円ですよ。




【このエントリのポイント】ベーシックデザインで充分なクオリティのニットキャップがワンコイン以下の価格です。

こんにちは。体調不良で保育園を休んだ娘を膝に乗せながらこの記事を書いているファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




GUが10周年記念のセールやってますが、11/22までニットキャップが390円になっています。



私も超愛用しています。



購入したのは確か去年の年末。その時も390円くらいになっていましたね。去年かなり売れたのでしょう。今年も去年と同じデザインで発売されています。このニットキャップは値段の割にかなり使えるのでオススメですよ。

・充分なクオリティ


390円というワンコイン以下の低価格ですが、クオリティはしっかりしています。もちろん数千円するセレクトショップのオリジナルアイテムなんかに比べると質は低いのですが、よほど高度なオシャレをしたい人でない限り充分なクオリティだと思います。390円だとバレることもないでしょうね。


・どんなファッションにも合う


ベーシックなデザインのニットキャップって探すと意外とないものなんです。あっても割と値段が高かったり。GUのニットキャップはリブの太さやカラーなどがとてもベーシック





私がオススメするベーシックデザインアイテムと言えます(詳しくは【メンズファッションなんてカンタン!】ベーシックな服だけを着ていればオシャレに見える。|山田耕史のファッションブログをご覧下さい)。

なので、どんなファッションにも合いますよ。例えばブレザーにチノパンといったビジネスにも対応できるキレイ目コーディネートや(この場合バッグをリュックサックにしたり、シューズをスニーカーにしたりとカジュアルなアイテムをプラスするとよりオシャレになります)、



ナイロンブルゾンに短パン、レギンスといった休日のスポーティなコーディネートにもマッチします。

私は秋冬はほぼ毎日このニットキャップを使ってます。ベーシックデザインアイテムのコーディネートにニットキャップをするだけで一気に今っぽいオシャレな雰囲気になりますし、防寒性もばっちり。

このアイテムはレディスで展開されていたので男女兼用で使えます。我が家でも妻とシェアしています。まぁ安いので各自が買ってしまってもいいんですけどね。

カラーはブラック、グレー、ネイビーのどれでも良いと思いますよ。私は今回のセールでまだ持っていないネイビーを買い足そうかなと思っています。







ジーユー|カラーニットキャップ|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

・失くしてしまっても辛くない


低価格のメリットはもし失くしてしまっても心のダメージが少ないこと。以前勤めていた会社の忘年会で泥酔した私は老舗ブランド、インバーアランのニットキャップを



失くしてしまいました。数日後に見つかったのですが、失くしたと知った時の落ち込みっぷりは尋常ではありませんでした。ですが、GUのニットキャップなら390円というお安い価格でいつでも手に入れられるのでそんなこともなさそうです。帽子って結構失くしてしまいがちですからね。

・ニットキャップのメンテは楽


安いニットキャップはすぐ毛玉ができそう、と思う人もいるかもしれませんが、もし毛玉ができてしまってもT字カミソリを使うと毛玉は簡単に取れますよ。私はヒゲを剃るのに使っているカミソリで毛玉を取っています。



ニットキャップなら30秒もあればキレイになりますよ。

・ガンガン洗濯できる


メンテが楽なので気軽に洗濯できます。ニットキャップをかぶっていると暑くて汗をかいてしまうことがあるんですが、そんな時は心置き無く洗濯しています。できるだけ毛玉にならないように、一応100均のネットに入れてます。

・唯一の欠点


こんな良いことづくめのGUニットキャップですが、デメリットがひとつだけあります。それは人とカブりまくるということ。売れているのでしょうね。このアイテムは元々レディスで展開されていたのもあるのか、特に20代の女性がよく使っています。

ですが、カブりを解消する方法があります。それはデザインポイントであるパッチを取ってしまうこと。



私は別にカブってもいいかなーと思うので取ってはいませんが、気になる人はパッチを取ってしまうと絶対にカブることはなくなります(まぁカブってると言えばカブってるのですが)。取っても、というか取った方がオシャレな雰囲気になるかもしれません。

ということで定価の590円でも充分モトが取れるアイテムですが、11/22までなら390円。ベーシックデザインアイテムなので何年間も使えますよ。私は来年も再来年も使うつもりです。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。



このエントリを書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら