2017年6月22日木曜日

【全品返品無料】Amazonでオススメするバックパック、トートバッグまとめ。








こんにちは。先日ブログ用にリモコンを買って、初めて一眼レフ自撮りをしてみたファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。(試験運用中)

<山田耕史のファッションブログ オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。格好良い服を着るのではなく、ダサい服を着なければいいのです。
  
  


シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  


   





・Amazonならではのメリット



今回ご紹介している商品は全品返品無料なので家でじっくりと手持ちの服との相性を確かめたり、普段の持ち物をバッグに入れて使い心地を試してみたりという事が時間も人目も気にせず自宅で思う存分出来ます​。もし商品が気に入らなければ無料で返品できます。



・餅は餅屋、バッグはバッグブランド



僕はグレゴリーなど、アウトドアブランドのバッグをオススメしています。登山などシビアなシーンで使われるアウトドアブランドのリュックサックは軽さや使い勝手、背負いやすさなど高い機能性が求められます。そこで培われたノウハウが詰まっているのでアウトドアブランドのリュックサックはプロユースではない​ ​一般人向け商品でも比較的高いクオリティの商品が多いのです。

また、アウトドアブランドは世界中で売られており、生産ロットが大量でコストが下がりるので、価格も下がります。そういった点でも​ ​コストパフォーマンスが高いのでオススメです。

今回はアウトドアブランドの商品を中心に、どんなファッションにもマッチしやすいシンプルベーシックなデザインのバッグをまとめました。


・カラーはブラックかネイビー



今回ご紹介している商品にはカラーバリエーションがあるものも少なくありませんが、バッグでオススメしたいカラーは絶対にブラック。もしくはネイビーです。

バッグは頻繁に洗う事が出来ないのでどうしても汚れがついてしまいがち。ホワイトやベージュといったバッグだと汚れが目立ってしまい、みすぼらしい印象になってしまいますが、​ ​ブラックやネイビーだと汚れがあまり目立ちません

また、ブラックやネイビーは合わせるファッションを選ばないカラーなので、ベーシックデザインの​ ​ブラックやネイビーならばコーディネートに悩む必要がありません

・基本的にはバックパック



僕がオススメするバッグはバックパックです。理由は一番機能的だからです。数あるバッグの種類の中でも​ 最も重さを感じにくいですし、両腕が自由なので行動的​。重さが両肩に等しくかかるので、姿勢も悪くなりにくい(体がゆがまない)というメリットもあります。

ですが、夏場は背中が蒸れてしまうという欠点もありますので今回はトートバッグもご紹介しています。

また、最後に少しだけウェストバッグもご紹介しています。近々記事にしようと思っているのですが、ウェストバッグでとても便利なんです。僕は古着屋で1,000円くらいで購入したレザーのウェストバッグに普段必要なモノ(財布、鍵、保育園の保護者証、ハンドクリーム、リップクリーム)を入れています。



必要なモノが一箇所に集められていると、外出時に「あれ、どこに置いたっけ」的な時間のロスが無くて効率的です。

・C6​



力を入れてアウトドアブランドをオススメしましたが、一番にご紹介するのはイギリスのバッグブランドC6です。僕は2年前にC6のバックパックを購入し、それからずっとメインのバッグとして愛用し続けています。

山田耕史のファッションブログ:バックパックを買うまでに悩んだ全27アイテムをご紹介します。

山田耕史のファッションブログ:プレゼントにはシェアして使えるキレイ目リュックブランド「C6」なんてどうでしょう?

伊勢丹新宿店をはじめ、多くの百貨店やセレクトショップでも取り扱われているブランド。セール対象になる事は稀だと思います。それが20%オフなのは嬉しいですね。

かなりキレイ目なデザインで、ノートパソコンや周辺機器を入れるポケットも充実しているのでビジネスユースにもオススメです。

​ ​C6:​¥ 15,120​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​ ​C6:​¥ 18,360​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​ ​C6:​¥ 24,840​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​ ​C6:​¥ 24,840 ​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​C6:​¥ 31,684​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)





・グレゴリー​



バックパックのロールスロイスと言われるグレゴリー。中でも最近増えて来ているビジネス対応も可能なバックパックはキレイ目な印象なのでスーツからカジュアルスタイルまでマッチするお薦めアイテムです。

​ ​GREGORY:​¥ 18,858​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​ ​GREGORY:​¥ 6,048​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​GREGORY:​¥ 15,800​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​GREGORY:​¥ 13,410​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​ ​GREGORY:​¥ 15,120​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​GREGORY:​¥ 17,280​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​ ​GREGORY:​¥ 17,960​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​ ​GREGORY:​¥ 21,600​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​GREGORY:​¥ 21,600​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​JanSport:​¥ 5,400​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




・アウトドアプロダクツ​



デイパックの定番中の定番。少し前まではブームで高校生なんかも持っていたので大人は持ちづらい雰囲気でしたが、今はブームも沈静化。やはり王道のアイテムなのでいつまで使えると思います。何よりも安いのが良いですね。

​ ​OUTDOOR PRODUCTS:​¥ 6,264​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​OUTDOOR PRODUCTS:​¥ 6,826​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)





​OUTDOOR PRODUCTS:​¥ 7,344​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




・キャビンゼロ​



少し前から注目しているブランドです。最近ファッション誌などでもよく見かけますね。シンプルなデザインと使い勝手の良さそうなディティールの数々、なのにリーズナブルな価格というのが人気の理由だと思います。ビジネスシーンでも充分に使えるでしょう。

​Cabin Zero:​¥ 7,280​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




・その他ブランド​



​EASTPAK:​¥ 7,919​​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​EASTBOY School:​¥ 16,092​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​WILDTHINGS:​¥ 9,181​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




・トートバッグ​



​POLO RALPH LAUREN:​¥ 7,120​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​GREGORY:​¥ 18,360​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​GREGORY:​¥ 19,440​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​BRIT HOUSE:​¥ 16,416​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




・ウェストバッグ



​GREGORY:​¥ 6,264​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​THE NORTH FACE:​¥ 7,949​​(返品無料!)​ >
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションに関する質問を募集しています。​
山田耕史のファッションブログ:質問フォーム


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。(試験運用中)
この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら