2016年9月29日木曜日

コンバースオールスターの新作、BKPLUSは最強のスニーカーかも。




こんにちは。 ブログに関連記事を表示させようと悪戦苦闘して半日を潰してしまったファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

<オススメ人気過去記事>
靴や鞄はAmazonで。メリットありまくりです。
1:山田耕史のファッションブログ:Amazonで服を買うことの圧倒的なメリット。
2:山田耕史のファッションブログ:返品無料だからAmazonで買うべき「絶対に間違いない」スニーカー、ブーツ、革靴まとめ(全26種)
3:山田耕史のファッションブログ:Amazonで買うべき「絶対に間違いない」リュックサックまとめ(全16種)
4:山田耕史のファッションブログ:機能的&高コスパ&省スペース。アウトドアブランドのビジネスバッグ23選。
ファッションなんてカンタンです。格好良い服を着るのではなく、ダサい服を着なければいいのです。
1:山田耕史のファッションブログ:太っていようがブサイクだろうがオシャレになれる方法。
2:山田耕史のファッションブログ:オシャレになるのに一番カンタンな方法はトレンドデザインの服を着ないこと。
3:山田耕史のファッションブログ:世の中のほとんどの人がダサい服を着ている。




【このエントリのポイント】高いファッション的汎用性と機能性を兼ね揃えたコンバースオールスターが登場!

こんにちは。ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。六本木アローズ行けなかった…。


・キレイ目にもカジュアルにも合わせられる万能スニーカー


ずっとスニーカーを探しています。勿論デザインはベーシック。で、カジュアルにもキレイ目にも合わせられるようなのが良いな~と思っているのですが、なかなか良いスニーカーに出会えません。最近登場した一枚革仕立てのスタンスミス、Stan Smith LEATHER SOCK PACKも良さ気なのですが、自分の周りにスタンスミスを履いている人が多いのでちょっと躊躇してしまいます。(あとちょっと高いし)



画像引用元:http://www.houyhnhnm.jp/news/6931/

そんな中発見したのがこちらのスニーカー。


画像引用元:http://www.fashion-press.net/news/26090

スニーカーの定番中の定番、コンバースオールスターの「BKPLUS」というラインです。オールスターは基本的にどんなファッションにもマッチしますが、カジュアルっぽさが強くなってしまうのが最近少しキレイ目志向の強い自分にとっては難点でした。ですが、この「BKPLUS」ならそんな心配は必要ありません。カジュアルな印象のステッチやロゴが全てブラックで塗りつぶされているのでカジュアル色がほぼゼロ。



ハイカットはモード系のコーディネートにもマッチするのではないでしょうか。



カタチはオールスターなのでカジュアルなコーディネートにもマッチすると思います。そして何よりもソールがホワイト、というのが良いですね。これによりコーディネートに軽さが加わります。


・機能をアップデート!


素晴らしいのはデザインだけではありません。私の心を動かしたのがこちら。


画像引用元:http://www.converse.co.jp/popup/react/

インソールが「REACT」という機能性の高いものに変更されています。実は私はこのREACTをまだ試した事がありません。近々ショップで試着してみようと思いますが、履いた事のある友人に聞くとやはり履き心地は結構違うそうです。楽しみですね。私は歩くのが好きなのでハイテクシューズの高い機能性も大好きなのですが、ベーシックなデザインのものが少なくファッション的に合わせづらいのが難点です。このオールスターならそんな悩みも解消されそうですね。


・低価格!


そして何よりも魅力なのが価格!普通のオールスターとあまり変わらない7000円です。スニーカーは履きつぶしてナンボのアイテムだと思っているので、ガンガン履けるこの価格は嬉しいですね。私のスニーカー探しの旅もこれで終わるかもしれません。試着しに行かなきゃ。エアモックも気になるけど…。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますので

よろしければフォローしてみて下さい。




最後までご覧いただきありがとうございました!





このエントリを書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら

2016年9月28日水曜日

イトーヨーカドーで気が付いた、今必要とされているファッション情報。



【このエントリのポイント】自分が欲しい、と思える情報を発信するファッションメディアを作ります。

こんにちは。MacBook Airが必要なのですが、現行を買おうか新型が出るのを待って買おうか超迷っているファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。


・ノーマークのgooday


先日久し振りにイトーヨーカドーを訪れました。メンズ売り場を見ていると、gooday(イトーヨーカドーのPB)にあるアイテムに目が止まりました。



なんの変哲もないVネックカーディガンですが、私が惹かれたのはその素材。goodayには似つかわしくない(失礼)良い感じの素材なのです。手にとってみるとやはり良い。goodayのような大手スーパーのPBは一見ベーシックなアイテムでもカラーステッチや配色切り替えなど中途半端にディティールにデザインが入っているものが多くそれが安物感を醸し出してしまうのですが、このカーディガンはそういったデザインも無し。本当にベーシックなデザインです。Vネックカーディガンの場合目立つディティールになるボタンの見栄えも悪くありません。試着してみましたがシルエットも良好。もしこのカーディガンがセレクトショップで12000円で売っている、と言われても納得しそうなクオリティです。それが4400円。



ユニクロのVネックカーディガンは3900円ですが、私としてはgoodayの方がコスパは高いように感じました。

・でもカーディガン以外のアイテムは…


今までイトーヨーカドーで購入しても良いかなと思える服に出会った事がなかったので嬉しくなったのですが、その反面残念だったのはその日私はイトーヨーカドーのメンズ売り場を一回りしてみて、着たくなった商品がそのカーディガンだけだった、という事です。同じようなクオリティでベーシックなアイテムを出してくれていたらな、と思うのですがなかなかそうは行かないようです。おそらくセレクトショップでの売れ筋アイテムを参考にしたのでしょう。グラミチのようなイージーウェストのクロップドパンツも売っていました。私はカジュアルウェアでロードバイクに乗るのでその手のアクティブなパンツは大好物。グラミチも複数 所有していてヘビーローテションです。買ってもよいかと思って手にとってみたのですが、ベルトやバックルといった副資材のクオリティがややチープ。

また、愛用しているユニクロのホワイトのオックスフォードシャツの汚れが目立ってきているので代替を探しているのですが(ユニクロで買っても良いけどユニクロばっかりもな、と思うので)、goodayのオックスフォードシャツはディティールが好みではなく購入には至りませんでした。

・必ずしもユニクロ=コスパ最高という訳ではない


その日のイトーヨーカドーで私はふたつの事を学びました。まず、ユニクロ=コスパ最高というイメージがありますが、必ずしもそうではないという事。そして、そんなコスパの高いアイテムを見つけるのはなかなか大変だという事も学びました。コスパのアベレージが高いのは明らかにユニクロです。世界一だと言ってしまっていいと思います。

ですが、今回の例のように、ユニクロのコスパを上回る商品も存在するのです。それならばgoodayを買っておけば安心か、というとそういう訳でもありません。他のアイテムではユニクロを購入した方がデザイン的にもクオリティ的にも幸せになれる確率は高いでしょう。でも、ユニクロでもファッション的に残念なデザインも少なくありません。このショップで買っておけばOK!というショップは無いのが現状です。

・今必要とされているファッション情報とは


ある程度オシャレに見えるようになるにはベーシックなアイテムだけを着ていればいい、というのが私の持論です。これは前々職で何年間もストリートスナップの写真を毎月300枚以上見続けていて気が付きました。また、私自身若い時は奇抜なファッションを愛好していましたが、今は30代後半。
様々な経験を経てベーシックなファッションが一番素敵だと思うようになり最近はベーシックなアイテムが気になるようになりました。(時々奇抜なのも気になったりしますが)

ベーシックなアイテムと言えば老舗ブランド。例えばニットならジョン・スメドレー、パンツならインコテックスなど、名品と呼ばれるベーシックアイテムは世に沢山あります。が、そういったものはたいてい結構お高いお値段。勿論ある程度クオリティに比例した値段が付けられているのですが1歳と4歳の子供がいて、子供と過ごす時間が至福と感じている私としては子供に汚されたりしてテンションが下がるような値段の服はあまり着たいとは思いません。と、なると必然的にある程度低価格な商品が選択肢に挙がりますが、いくら安くても、ファッション好きとして自分が納得できないクオリティのアイテムは着たくありません。

機能性も重要です。ロードバイクに乗ったり子供と公園で遊んだりするので動きやすさは必須ですし、軽さや楽さも必要です。まとめると

・ベーシックデザイン
・低価格
・クオリティ
・機能性

これが私が服に求める要素なのですが、こういった視点のファッション情報が得られる手段が今のところ見当たりません。無いなら自分で作るしかありません。という事で、そんな情報を集めたファッションキュレーションメディアをつくります。

まずはこのブログをリニューアルします。ファッションにあまり興味がない人にも興味を持ってもらえるよう、普通の人が普通の生活に必要なファッション情報も発信する予定です。ファッション情報と言えばトレンドがどうのとかブランドがどうのとかというものになりがちですが、ごく一部の人しか必要としないそのような情報よりもファッションをより生活を便利にする為のツールとして活かせる情報、例えばお金も時間もかけずにある程度オシャレに見えるようなコーディネートの方法、というようなファッション初心者向けの情報や前述のgoodayのカーディガンのような足で稼いだ本当にコスパの良いアイテムの紹介といった使える情報を発信していく予定です。今後の情報は当ブログだけでなくTwitter(@yamada0221)で随時呟いて行こうと思っていますのでよろしければフォローしてみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました!



このエントリを書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら

2016年9月21日水曜日

ユニクロがこの秋冬にブレイクすると思う理由3つ。



【このエントリのポイント】カラーの改善、再低価格、デザイナーズコラボでユニクロはヒット商品不在でも売上拡大する。


こんにちは。今日からは毎日ブログを書くつもりのファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

今更ユニクロがブレイク?と思われるかもしれませんが、私はこの秋冬にユニクロが大幅に売り上げを伸ばすのではないかと思っています。その理由は3つ。

1:カラーが良くなってファッション性が上がった

今までのユニクロの最大の弱点はカラーだったと思っています。デザインや機能は良いのに着たいと思うカラーがない、というアイテムが今まではたくさんありました。メンズなら無難なホワイトかブラックを選んでおいたらいいのですが、カラフルなカラーを着たいというレディスの需要に今までのユニクロは適切に応えられていなかったと思います。そのユニクロのカラーが良くなったのです。顕著なのがレディス。例えばカラーパンツ。



この画像は今秋の店頭を撮影したものですが、とても綺麗なカラーのバリエーションだと思います。今までユニクロのカラー展開だと1色や2色は
「このカラー必要かなぁ?」
と思うようなものがあった気がするのですが、そういったアイテムは今秋はかなり少なくなっています。未だ、メンズで幾つかはあるのですがレディスではまず無いのではないでしょうか。


2:価格が下がってコスパの良さが更に顕著になった


今まで数多く報道もされていますが、

ユニクロ秋冬物300~1000円値下げ 値上げは「失敗」 低価格へ回帰(1/2ページ) - 産経ニュース

ユニクロは以前よりも価格が下がっています。というよりも、値上げ戦略で失敗したので元の価格に戻したという方が正しいかもしれませんが。例えばこちらのアイテム。



加工が手作業になるのでひつz電的に高価格になりがちなこういったダメージジーンズが特別限定価格とは言えど、2990円で販売できる企業はなかなか見当たりません。既に店頭にも入荷している冬のコート類も去年は1万円オーバーのアイテムが沢山あったのに対し、今年は殆どが1万円以下になっているなど、明らかに「以前のユニクロの価格」に戻しているのがわかります。

3:コラボアイテムが誰にでも着られるいい感じのデザイン


先日発表されたUniqlo U。ユニクロのアーティスティック・ディレクターに就任したクリストフ・ルメールの個性を強く打ち出したいわゆるコラボラインのようなものです。が、個性を強めと言っても、それが丁度良い塩梅なのが私が売れると感じた理由です。今までユニクロとルメールのコラボアイテムはルメール色が強く、ファッション初心者には着こなすのが難しいアイテムも少なくなかったのですが、今回はとてもベーシック。なおかつエルメスのディレクターも務めたクリストフ・ルメールらしい上品さもプラスされている今までになかったカジュアルウェアに仕上がっていると思います。私が「絶対に欲しい!」と思ったのがこちらのパンツ。



グラミチのような楽ちんでカジュアルな印象のイージーウェストながらも素材感やシルエットは上品っぽい感じ(まぁ素材感は実物を見てみないとわかりませんが)。アウター、シャツ、カットソーなどの他のアイテムも誰もが着られるアクの少ないアイテムに仕上がっているので今までのコラボアイテム以上に売れるのではないでしょうか。









シャツも良いですね。欲しい。


ということで以上3つが私がこの秋冬ユニクロがブレイクすると思う理由です。最近のユニクロの不振の理由にリースやヒートテックのような大ヒット商品がないことがよく挙げられますが、このふたつのような大ヒット商品が再び生まれる可能性は低いと思います。何故ならば服に用いられる素材はほぼ進化し尽しているからです。大ヒットは生まれないかもしれませんが、今秋の傾向に見られるようにファッション性を高めながらも万人に受け入れられる普遍的なデザインを追求し、そこに機能性を付け加えて行くことでユニクロの売上はまだまだ拡大するのではと感じています。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。


このエントリを書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら

2016年9月1日木曜日

近づく未来!ビックロのguのセルフレジを画像多めでレポート。



【このエントリのポイント】楽しい上にレジ待ちゼロ!どんどん広がって欲しい。

こんにちは。久し振りに晴れてロードバイク通勤ができたファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。


先日久し振りに新宿のビックロにあるguを訪れるとセルフレジが導入されていました。気付いていなかったのですがニュースにもなっていたんですね。
ユニクロ系企業でセルフレジ導入へ 「究極の人員削減」が始動? - ライブドアニュース



ビックロのguは売り場面積が広く品揃えが豊富、新宿駅から地下街で行けるなどメリットが多い店舗なのですが、いつも混み合っており特に休日は勿論平日でもレジ待ちをすることがあるのでそれが玉に瑕でした。それを解消するのがこちらのセルフレジ。ロードバイク通勤に丁度良い感じのストレッチの効いたジョガーパンツを発見したので購入することにし、セルフレジを試してみました。私が訪れたのは平日の夕方。レジ待ちはなく、10台くらいあったセルフレジは5台くらい使われていました。セルフレジの大きさはATMくらい。



画面の指示に沿って進めます。



まずは商品をハンガーから外し、下のボックスに入れます。



カゴのままでOKです。



アプリ会員はバーコードで読み取り。私は会員ではなかったので右側のボタンをタッチ。



代金を確認して



スマホのクーポンも使えます。



支払いは現金でもクレジットでも。



私はクレジットを選択しました。



サイン、暗証番号は不要。



レシートが発行されます。



これで支払いは終わり。



商品を取り出して



レジの横にあるカウンターで自分で袋詰め。



私は袋に入れず、そのままバックパックに入れて帰りました。



久し振りに買い物をしていてテンションが上がる新鮮な経験でした。私の隣で袋詰めしていたティーンズの女性ふたりも「面白い」を連発していました。guは客層が若いので受け入れられやすいでしょうね。



企業側の狙いは勿論人件費の圧縮でしょうが、ユーザーとしても楽しい体験になるので広がるのではないでしょうか。私は大歓迎です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら