カンタンにオシャレになる方法その2。「色の数を少なくする」









こんにちは。東京に帰ってきたファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




街を歩いていると「おっ、オシャレだな」と目で追っかけてしまう人に出会います。そういう人の共通点って何かな、と考えていたのですが最近ひとつの答えに行き着きました。

それは「シンプルである」こと。

オシャレ=個性的なデザインの「服を着ること」、と思っている人はたくさんいると思いますが、それは間違いです。オシャレな人ってたいていシンプル。個性的なデザインの服を着ているように見えても、実はベーシックアイテムをベースにコーディネートに1点だけ個性的な服を取り入れている人が多いのです。

また、デザインされた服が似合う人はごく少数。ファッション業界人やモデルなど、よっぽど服の着こなしの技術が高い人か、どんな服でも似合う身体をしている人以外は難しいと思います。(詳しくは山田耕史のファッションブログ: カンタンにオシャレになる方法その1。「普通の服を普通に着る」をご覧下さい)

普通の人がオシャレになるにはベーシックアイテムを着るのが一番だと思いますが、ベーシックアイテムを持っていない場合は買うのにもお金がかかりますよね。

しかし、お金をかけずにすぐにオシャレになる方法があります。それはコーディネートに使う色の数を少なくすること。

できる限りホワイト、ブラック、グレー、ネイビーといったベーシックカラーのみにすれば一気にオシャレに見えるようになります。

カラーやデザインがいろいろあるレディスならともかく、メンズはホワイト、ブラック、グレー、ネイビーのベーシックカラーだけを着ていればおかしいコーディネートにはまずなりません私が持っている服もほぼこの4色ばかりです。

もし色を使う場合はできるだけ色の面積を少なくすればオシャレに見えます。

例えばもし「レッド」を着たい場合。このようなインパクトの強いレッドのシャツはかなり似合う人が限定されてしまいます。着る人のキャラクターによってはこのコーディネートはかなり子供っぽくなってしまうのではないでしょうか。



ですが、このように靴下だけレッドにして他はベーシックカラーのアイテムにすれば誰にでも似合う上に、かなりオシャレな印象になります。



チノパンツの裾を少しロールアップして靴下のレッドが見えるようにすればかなり洗練されたコーディネートになると思います。



このように靴下はコーディネートをオシャレに見せるにはかなりコストパフォーマンスの高いアイテムです。

例えばAmazonでも取り扱いのあるハッピーソックスという北欧のブランド。私も以前頻繁に購入していましたが、比較的リーズナブルにオシャレなデザインが楽しめる靴下で、大手セレクトショップや百貨店など多くのショップで取り扱われており、キレイ目好きな人を中心にファッション業界人でも愛用している人は多いと思います。

デザイン、カラーなどかなり遊んだ商品が多く、このようなたくさんのカラーを使ったデザインや個性的な柄は着こなすのが難しいですが、





使っている色が3色以下のものや、ボーダー柄やドット柄といったこれらのようなデザインのものなら比較的誰にでも似合うので初心者にもオススメできます。





特にホワイト、ブラック、グレー、ネイビーのベーシックカラーをベースとした商品ならどんなコーディネートにもすんなりと馴染む上にオシャレ感が出ると思います。

ハッピーソックスはどれも1,000円以上とユニクロの4足990円価格に慣れてしまっていると割高に思えるかもしれませんが、数足買ってローテーションで回していれば意外と何年も保つのでコストパフォーマンスも高いと思います。

靴下で遊ぶのは披露宴などのパーティー的な場でもオススメです。男性はスーツばかりでどうしてもみんな似たような格好になってしまいますが、靴下をポップなカラーのものにしてやればいいアクセントになりますよ。女性は結構そういった細かいところにまで目をやっているので「あ、この人こんなところまで気を遣っているんだな」という印象を与えられると思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

<人気の過去記事まとめ>
初心者向けのオススメアイテム紹介から業界人向け考察まで幅広く書いています。
<この記事を読んだあなたにオススメの過去記事>
ベーシックな服だけを着ていればオシャレに見える。
ファッションセンスって結局どんな能力?
いつまでも着られる服の選び方。
私がストレッチ素材の服を(あまり)買わない理由。
ユニクロのヴィンテージレギュラーフィットチノを大推薦する理由。


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら