女性に好感を持たれるファッションを心理学的に考えてみた。







こんにちは。 久し振りにここでお昼をたべてプロの天ぷらはやっぱ違うなーと感じたを食べ過ぎたファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

(このブログを初めてご覧になるかたへのカンタンなガイドはこちらです。ファッションをカンタンに楽しめる要点をまとめてあります。)




(2017/1/23追記)
面白い本を読みました。

なぜ、それを好きになるのか?脳をその気にさせる錯覚の心理学 (角川SSC新書)

​クリックでAmazon商品ページへ

なぜ何かを好きになるのか、どうすれば好きになってもらえるのか。そういった仕組みを実験心理学で解き明かした一冊です。

僕自身、心理学は大学(社会学部)で社会心理学の授業をとったことはあるのですが、内容は全く記憶にない状態。ですが、本書を読んで「心理学をもっと学んでみたい」と思いました。かんたんな文章で気軽に読めたので、心理学に興味がある人の入門書にオススメです。


・繰り返し見ていればそれだけで好きになる


僕がこの本のヤマと感じた第3章は「なんとなく好きにさせる王道テクニック」というタイトル。その中で紹介されているのが「単純接触効果」です。繰り返し見ていればそれだけで好きになる」ということが実証されているそうです。単純接触効果には「なんとなくこちらのほうが好感が持てる」というような「なんとなく」を生み出す力を持っているのです。

ではなぜ「単純接触効果」は効果的なのか。それを説明する説として有力なのが「処理の流暢性誤帰属」です。これは「私たちは脳が処理しやすいものが好き」ということ。たくさんの人の顔を合成してつくられた平均的な顔は魅力的にみえる、という実験は心理学の知識がない僕でも知っていましたが、これは人の顔だけに当てはまることではないそうです。

例えば文字。エクササイズや料理のレシピなど、同じ内容の文章を読みやすいフォントと読みにくいフォント、2種類のフォントで印刷して読ませたところ、読みにくいフォントは「書かれている内容はより難しそうだ」「書かれている内容をそもそもあまりやりたくない」と判断されてしまったそうです。

これをファッションに当てはめて考えるとどうでしょう。繰り返し見ているもの。それは今までたくさん見てきて、どこでも目にするベーシックなファッションではないでしょうか。

個性的なデザイナーブランドの服や最新トレンドの服ではなく、昔からある伝統的なデザインの服。僕が当ブログでオススメしているベーシックデザイン​(詳しくはベーシックな服だけを着ていればオシャレに見える。|山田耕史のファッションブログをご覧下さい)こそが好感が持たれる服なのではないでしょうか。


・女性が好きな色は赤


また、人が好きな色は全世界で共通なのだそうです。その色は赤と青。この2色は国を問わず人気投票の1、2位を占めることが多いそうです。

そしてこれを男女別に分けると、女性が好きな色は赤色だそうです。

2017/1/23追記:ツイッターでこんな情報をいただきました。


リンク先を読んでみました。Google翻訳ですが。うーん、とりあえずまだ結論は出てない、って感じでしょうか。今後は心理学のニュースもフォローしなきゃいけませんね。

先ほどの「単純接触効果」も踏まえると、女性に好感が持たれる服はベーシックデザインの赤い色の服となります。

赤色の服はたくさんありますが、そのなかで赤色を一番かんたんに取り入れられる服はストライプ柄のシャツだと思います。赤色のTシャツはカジュアルな印象が強いので、カジュアルが似合う人や若い人でないと取り入れるのは難しいかもしれません。

シャツで多いのはチェック柄ですが、ストライプ柄はチェック柄よりも着る人を選ばないのでカジュアル、ビジネスを問わずオススメのアイテムです。カジュアルでオススメはシャツの王道ポロラルフローレン。

ポロ ラルフローレン スタンダードフィット

​クリックでAmazon商品ページへ

スーツで着るなら同じラルフローレンでもこのような商品がオススメです。

ポロラルフローレン 長袖シャツ

​クリックでAmazon商品ページへ

カジュアルなキレイ目なら英国ブランドフレッドペリーもいいですね

フレッドペリー Block Stripe Shirt

​クリックでAmazon商品ページへ

ついでに書くと、世界中の男性が最も好む色は青色だそうです。なので女性が男性とのデートに着ていく服や、男性でも男性相手の商談のときなんかは青色の服を着ていくと好感を持たれる確率が高いようです。

ポロラルフローレン 長袖シャツ

​クリックでAmazon商品ページへ

僕自身は赤色の服ってあまり持っておらず、黒、白、グレー、紺のベーシックカラー以外で持っているのは青色が多いです。妻帯者なので別に女性にモテたい、という気持ちはあまりないのですが、ファッションという仕事柄、ビジネスで女性と接することは多いのでモテのためではなく女性との人間関係を円滑にするために赤色の服を着るのはいいかも、と感じました。

心理学、面白いですね。この本のおかげで興味が持てたので今後勉強して深掘りしてみようと思います。

なぜ、それを好きになるのか?脳をその気にさせる錯覚の心理学 (角川SSC新書)

​クリックでAmazon商品ページへ


最後までご覧いただきありがとうございました!

<人気の過去記事まとめ>
初心者向けのオススメアイテム紹介から業界人向け考察まで幅広く書いています。
<この記事を読んだあなたにオススメの過去記事>
1:アニメTをオシャレに見せる方法。
2:なぜあなたのチェックシャツはダサいと思われてしまうのか。
3:一流デザイナーの服でどれだけオシャレになれる?第1回チキチキ「ユニクロ」VS「+J」シャツ対決!
4:失敗しないコンバースオールスターの買い方、教えます。
5:私がネルシャツを買わない理由。


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら