他のパンツを穿く気がなくなる。グンゼレギンスパンツを毎日24時間、半年間穿いたレビューまとめ。







こんにちは。 暖かくなってきても唇が乾燥しまくっているファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

(このブログを初めてご覧になるかたへのカンタンなガイドはこちらです。ファッションをカンタンに楽しめる要点をまとめてあります。)




僕がブログでオススメしまくっているグンゼのレギンスパンツTucheHOMME。

​GUNZE TucheHOMME :​¥ 1,912 - ¥ 2,700​​(返品無料!)​



出会ってから約半年が経ちました。最初にグンゼレギンスパンツをご紹介した記事はこちら。

山田耕史のファッションブログ: 軽くて伸びてオシャレ。GUNZEのレギンスパンツの万能っぷりが凄い。

この記事ではグンゼレギンスパンツの4つのメリットをご紹介しています。要点を抜粋してご紹介します。

1:穿いているのを忘れそうになる軽さ​

グンゼレギンスパンツは331グラム。と言ってもこれがどれくらい軽いのかイマイチピンと来ないでが、ベーシックなパンツの代表格、ユニクロのヴィンテージレギュラーフィットチノは555グラム。圧倒的な軽さです。

2:パジャマにも使えるくらいのストレッチ性が高く柔らかな生地



全くストレスなくジョギングできるストレッチ性。あぐらもノンストレスでかけてしまいます。






3:お腹を締め付けない股上の浅さ




イージーウェストのパンツは紐でウェストを縛るアイテムが多いのですが、股上が深いとウェストがお腹のあたりに来てしまい、紐を縛るとお腹を締め付けてしまうのですグンゼレギンスパンツは股上がかなり浅め。イージーパンツにありがちな、だんだんウェストがずり下がって来るストレスがありません。

4:汎用性の高いベーシックデザインと適度に細身なシルエット

細身ですっきりとしたシルエット。誰がはいてもスタイルがよく見えると思います。
スキニーパンツは意外と合わせるアイテムを選びますが、このグンゼレギンスパンツは適度に細身なのでファッション的に万能なパンツです。

このようにあまりにも気に入ったので2ヶ月後には2本目を購入しました。その後のレビュー記事がこちら。

山田耕史のファッションブログ: 2本目のグンゼレギンスパンツを買ってわかった4つの大きなメリット。

こちらでも4つのメリットをご紹介しているので要点を抜粋します。

1:洗濯物が減る
グンゼレギンスパンツ導入によりパジャマと昼の服が兼用になりました。風呂上がりにパジャマに着替えたらその格好のまま次の日を過ごせるのです。

2:子育てが楽になる
グンゼレギンスパンツの機能的な特徴は軽くて柔らかくてよく伸びること。オムツ替えや着替えなど、子育ては立ったり座ったりする機会が増えるのですが、このパンツだとその作業が億劫になりません。

3:朝コーディネートを考える時間がゼロになる
時間に余裕のある夜に着るTシャツを決めたらそれを着たまま寝て次の日も着るので、朝にコーディネートを考える時間がゼロになります。ブラックで細身のシルエットは合わせる服や靴をほとんど選びません。

4:どんなトップスを着てもキレイ目コーディネートが完成する
カジュアルテイストが強いチェックシャツでも、グンゼレギンスパンツに合わせればキレイ目カジュアルになりますし、



こんな個性的なモード系のニットにもマッチします。





という感じでたくさんのメリットがあります。

そして、1本目を購入してから約半年が経った今、新たに気づいた点などをレビューしてみます。これが半年毎日着用したものの画像です。






1:東京の冬は越せた


とりあえずグンゼレギンスパンツで東京の冬は余裕で越せました。普通のチノパンツやジーンズと同じくらいの防寒性だと思います。

2:毛玉ができる

唯一の欠点です。着用し続けているとこんな感じで毛玉ができます。



ポケット周辺やふとももなど、摩擦が大きいところにできやすい印象です。ニット製品ほど目立つ毛玉ではありませんが、毛玉があると一気に貧乏くさくなるので僕はすぐに取るようにしています。

といっても取る方法は簡単。以前ご紹介したT字カミソリでこすってやればすぐに取れます(山田耕史のファッションブログ:ニットキャップの毛玉はカミソリでかんたんに取れます。)。僕の場合、頻度は月に1回くらい。僕は割と性格が細かい方なので気にならない人は全く気にならないかもしれません。

3:毛玉以外の劣化はなし

色褪せや細身のパンツによくある膝部分の伸びなど、毛玉以外で気になる劣化はほぼありません。



唯一ダメージがあるのはこちら。



わかりにくいですが、画像真ん中あたりが丸く毛羽立っているところがちょっと生地が伸びてしまっています。これは以前神戸に帰省して公園で子供と遊んでいるときに、今はほとんど見かけなくなった石製の滑り台を滑ってできたダメージです。石製の滑り台は表面の抵抗力がかなりあるようで、滑った瞬間「熱っ!」と叫んでしまったほどの摩擦熱が生まれました。

ちなみに一般的なスチール製の滑り台は全く問題ありません。なので普通の日常生活でダメージになることはまずないと思います。


​​


なんだかんだメリットはありますが、最大のメリットはとにかく楽なこと。他のパンツを穿くことがほとんどなくなりました。

服なんて所詮道具です。ファッション的な格好良さも大切にしたいでが、やはり着ていて楽なことが一番大事だと思います。

今気になっているのは、夏も穿けるか?ということ。僕は暑がりで夏場は基本的に一日中短パンで過ごしているのですが、このパンツで何月まで過ごせるかが楽しみです。

​ ​GUNZE TucheHOMME :​¥ 1,912 - ¥ 2,700​​(返品無料!)​




​ 
返品無料なのでとりあえずポチってイマイチでも気軽に返品できます。一度穿いてもらったら良さはわかる、というか穿かないと良さはわからないと思うので是非ポチってみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました!

<人気の過去記事まとめ>
初心者向けのオススメアイテム紹介から業界人向け考察まで幅広く書いています。
<この記事を読んだあなたにオススメの過去記事>
1:​ 私がストレッチ素材の服を(あまり)買わない理由。
2:​ Amazonで買うべきリュックサックまとめ(全15種)
3:​ ローテクスニーカーの新定番!ムーンスターLOWBASKETはオールスターを超えたかも。
4:​ オシャレで温かいインナーを探し求めたらグンゼの腹巻に行き着きました。
5:​ 【デザイン別】Amazonで買えるチープカシオまとめ【全51種】

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら