Featured Post

ファッションのプロ中のプロ、ファッションデザイナーの服装が一番オシャレ説。






こんにちは。体調不良で保育園が休みの子供が昼寝している間にブログを書いているファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。
​​
友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。(試験運用中)

​​ <山田耕史のファッションブログ オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。格好良い服を着るのではなく、ダサい服を着なければいいのです。
  
  


シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  


   




・オシャレってなんなんでしょ?​



オシャレ、って定義が難しいですよね。人によって色々考え方が違うと思います。




僕が思うオシャレとは、の仮説のひとつが、「ファッションデザイナーの服装」です。

ファッションデザイナーはファッションのプロ中のプロ。世の中で最もファッションを追求している人たち​でしょう。今、どんなファッションが一番オシャレなのかを探求し、それを表現するのがファッションデザイナーという仕事です。

そんなファッションデザイナーの服装が一番オシャレ​なのではないでしょうか。

今回はそんな仮説の元、有名デザイナーの服装をご紹介していきます。

・モードの帝王も前衛的デザイナーもみんなベーシック​



まず最初はモードの帝王、ジョルジオ・アルマーニ。


https://www.fashion-press.net/img/news/19944/armani_03.jpg

アルマーニはいつもこのようなブラックかネイビーのカットソー(ニット?)に同色のウールのゆったりとしたシルエットのスラックス、というとても​ ​ベーシックなカラーとアイテムのコーディネートですね。ファッションショーの最後には毎回このような格好で登場します。たまにテーラードジャケットなんかを着る事もありますが、それもやはりブラックかネイビーのベーシックカラー。僕が知る限り、アルマーニはこの何十年間も服装を変えていないと思います。

アルマーニはコンサバティブ(保守的)なイメージの作風なので、デザイナー本人もベーシックな服装になるのは納得できます。

では、前衛的な作風のデザイナーはどうでしょうか。コムデギャルソンの1ブランド、ジュンヤワタナベ。かなり前衛的な服作りです。


http://images.vogue.it/gallery/20021/Big/f5ded202-3114-46ec-bfb4-ec83e939250f.jpg

デザイナーの渡辺淳弥(向かって右)はこんな服装です。シャツにジーンズやワークパンツといった、​ とてもベーシックなアメカジファッション​がお好きなようです。


http://thebestfashionblog.com/wp-content/uploads/2013/05/Modern-Punk-Style-by-Loewe-and-Junya-Watanabe-2.jpg

自身が手掛けるジュンヤワタナベのメンズラインもアメカジやブリティッシュトラッドをベースに、ミリタリー、ワークといったメンズの定番モチーフに遊びを加えた、ベーシックな作風です。


https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/loop-online/cabinet/02929605/imgrc0062420435.jpg


https://4.bp.blogspot.com/--xpVNt7vNSQ/UDfMFsjgZsI/AAAAAAAANFM/yxIDCnOHdLA/s1600/2006SS-JUNYA-WATANABE-MAN-3.jpeg

 同じく、前衛的な作風で知られたアレキサンダー・マックイーン(故人)。こちらは15年以上前のファッションショーの画像ですが、ドレスにロボットでライブペインティングさせるなど、常に先進的な表現に挑戦していたデザイナーでした。


https://www.wgsn.com/blogs/wp-content/uploads/2010/02/mcqueenvv2.jpg

メディアに登場する時も過激な発言や目を引くファッションで話題を呼んでいましたが、


http://img02.eshizuoka.jp/usr/r/o/o/roomtu/alexander-mcqueen-4.jpg

実際の服装はこんな感じ。​ グレーのVネックカーディガンにブラックのTシャツという、とてもベーシックなファッション​ です。


http://img-cdn.jg.jugem.jp/ad1/737287/20100212_570276.jpg

最近の若手デザイナーではどうでしょうか。ユニクロとのコラボレーションを始める事でも話題のジョナサン・ウィリアム・アンダーソンのファッションはこんな感じ。今回ご紹介したデザイナーの中でも最もベーシックなファッションです。


http://www1.pictures.zimbio.com/gi/Jonathan+William+Anderson+J+W+Anderson+Runway+4_fXtct6CzJl.jpg

グレーやブラックといった無地のカットソーに細身のパンツ、そしてスニーカーというベーシック極まりないファッション​です。


https://www.vogue.co.jp/uploads/media/2013/09/26/54-5454-00350h.jpg

・ベーシックデザインこそが一番オシャレなファッション​



という事で、​ ​ファッションのプロ中のプロ、ファッションデザイナーが着ているベーシックデザインこそが一番オシャレなファッション、と言えるのではないでしょうか。

いわゆるトレンドのファッション、例えばビッグシルエットやワイドパンツといった服を着ているファッションデザイナーは殆どいないでしょう。

もちろん、トレンドの服を着ているデザイナーはゼロではありません。が、そんなデザイナーは大抵自身のブランドの服を着ており、自分が着る事でPR効果を狙っているのだと思います。

以前もご紹介しましたが(ファッショントレンドなんてどうでもよくないですか。)、​ファッショントレンドは売る側の都合でつくられたものです。普通の人がファッション業界の都合に合わせて服を買う必要はありません。

「毎年新しいものを買えばいい」と思えるくらいの金銭的余裕やファッションに対する情熱がある人ならばトレンドデザインの服を買えるでしょうし、そのようなファッションの楽しみ方も素敵ですが、ファッションにそこまで強い思い入れが無い人が、トレンドを気にしても消耗してしまうだけです。

普通の人がオシャレになりたいのなら、当ブログでご紹介しているようにユニクロのオックスフォードシャツにチノパンツに

ユニクロ|オックスフォードシャツ(長袖)|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)



ユニクロ|スリムフィットノータックチノ|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)



そしてコンバースオールスターや

​CONVERSE:¥ 3,600 - ¥ 13,838​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




クラークスのデザートブーツを合わせ、

​Clarks:¥ 17,107 - ¥ 24,840​(返品無料!)
(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




QBハウスなどでもいいので月一くらいのペースで散髪して清潔感をキープするだけで充分オシャレになれます(山田耕史のファッションブログ:太っていようがブサイクだろうがオシャレになれる方法。)。毎年トレンドの服を買う必要は全くありません。

ベーシックデザインの服はオシャレです。それは名だたる世界的ファッションデザイナー達が証明しているファッションの正解です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。(試験運用中)
この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら