2017年8月8日火曜日

ドライ素材の快適トランクスを探しに探して、しまむらで見つけました。






こんにちは。近所にGUとしまむらができてくれたら完璧だと思うファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。

<山田耕史のファッションブログ オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。格好良い服を着るのではなく、ダサい服を着なければいいのです。
  
  

シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  
  




・トランクス=自由​



男性のみなさん下着のパンツは何を穿いていますか?僕は完全にトランクス派です。なぜならトランクスは自由だから!です。

高校生の時くらいだったでしょうか。それまで母親が買ってきたトランクスを穿いていたのが徐々に色気づいてきて、ボクサーパンツを穿くようになりました。それからおそらく10年近くはボクサーパンツを穿き続けていたと思います。ボクサーパンツを穿くことになんの疑問も持っていました。

それがあるとき。なにが理由だったかは忘れましたが、​ かなり久し振りにトランクスを穿く機会があったのですが、そのときに驚きました。その自由さに​。まさにフリーダム。そのままですが。今までなんて窮屈な世界で生きてきたのか。その世界にいるうちはわからないんですね。窮屈さが。

自由を知った僕はそれ以来トランクス派になりました。が、トランクスで一点困るのが、細身のパンツを穿くとき。ボクサーパンツはふともも部分がぴたっとフィットしていますが、トランクスはかなりルーズ。細身のパンツを穿くときは、生地が邪魔になってしまうという悩みがありました。

・最強のトランクス発見!​



そんな悩みを解決してくれたのが無印良品のトランクス。



えらべる・オーガニックコットン天竺 前開きトランクス 紳士XS・黒 | 無印良品ネットストア

このトランクスはふともも部分が細身になっているので、スキニーパンツなんかを穿いても全く邪魔になりません。変なウェスト部分のラインやロゴもない、オールブラックのシンプルデザインも気に入って、大量購入。5年くらいは穿き続けていたと思います。

・ドライ素材のトランクスがどこにもない​



ですが、その無印良品のトランクスにも欠点はありました。それは生地。綿100%なのです。最近はユニクロのエアリズムを筆頭に、吸水速乾機能がある化学繊維のドライ素材を使った下着が増えています。僕もエアリズムのボクサーパンツを持っているのですが、綿100%のトランクスに比べると汗がほとんど気にならない​ので快適です。



ユニクロ|エアリズムボクサーブリーフ|MEN(メンズ)|公式オンラインストア(通販サイト)

ですが、なぜかエアリズムにはトランクスがありません。ちょうど無印良品のトランクスが寿命を迎え、トランクスを買い換えなければならなくなりました。最近はドライ素材の服なんてどこでも売っているし、ちょっと探せばあるだろう、と思う探し始めたのですが、どこにもないのです。

いや、あるにはあるんです。例えばモンベル。

​mont-bell ジオラインL.W.トランクス:​¥ 2,484 - ¥ 2,884​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



モンベルのジオラインは軽さと速乾性がかなり素晴らしいらしいのですが、残念ながら2,000円オーバーとちょっと高価格。

ミズノはもうちょっとお安いのですが、ウェスト部分に変なボーダー柄があったりと、一長一短でなかなかこれ!という商品が見つかりません。

​​MIZUNO ドライベクター エブリ トランクス:¥ 1,850(価格は記事執筆時のものです)



・最後の砦、しまむら!​



やっぱり1着1,000円以下がいいなーと思い、頼りにしているワークマンものぞいてみましたが、パンツにはあまり力を入れていないようであまりバリエーションがありませんでした。

最後の砦、と思って向かったのが普段の僕の生活圏にはないしまむらです。実はしまむらのインナーの品揃えはかなり良いんです。例えばレギンス。4年前にロードバイク用やジョギング用に購入したのですが、オールブラックのシンプルなデザインのレギンスはどこを探しても見つからず、しまむらでようやく出会えました。



しまむらのレギンスは必要最低限の機能とシンプルデザインで大満足。

ちなみにこのレギンスは今回も店頭にありました。



ということで、結構期待してしまむらに行ったのですが、やはりありました。


・ドライ素材は快適!​



早速購入。580円。



CLOSSHIはしまむらのプライベートブランドです。



僕の身長は176cm。身長的にはLサイズですが、細身のほうが良いと思ったのでMサイズにしました。Mサイズでも問題ありませんでした。



カタチはまぁ普通ですね。





汗をかいても肌にひっつくことがなさそうな凹凸のある生地。軽くてさらさらした触感です。



本体はポリエステル100%。



カンボジア製でした。



​かなり軽いと思ったので重さを計ってみましたら、59グラム



軽さに定評のあるモンベルのトランクスは52グラムのようです。結構いい勝負。



モンベル | オンラインショップ | ジオライン L.W.トランクス Men's

休日の子供との外遊びと、風呂上がりという汗をかくシチュエーションで穿いてみましたがやはりドライ素材はいいですね。​ ​汗をかいてもほとんど気になりません。綿100%素材のトランクスは汗をかくと生地がしっとりとしてしまい、大量に汗をかいたときは生地が皮膚に張り付いてしまうようなこともありましたが、そんなことは起こらなさそうです。

ということで、これをあと3枚くらい購入してローテーションするつもりです。

ちなみに同じようなトランクスで2枚で980円の商品もあったのですが、こちらはウェスト部分の仕様が違っていました。





生地は同じっぽいですが、そんなに値段も変わらないので僕が購入した580円のほうをオススメします。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションに関する質問を募集しています。​
山田耕史のファッションブログ:質問フォーム


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。
この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら