高橋一生さんにも知ってもらいたい「服の相性」の話。

​ ​




​ こんにちは。確定申告がまだ終わっていないファッションアナリスト山田耕史​(@yamada0221)です。

友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。

<関連サイト>

当ブログでオススメしている誰にでも似合い、いつまでも着られる「普通の服」をまとめたサイトです。とりあえずこれを選んでおけば、まず間違いはないというアイテムだけを厳選してご紹介しています。

<オススメ人気過去記事>



スポンサーリンク



高橋一生さんのコーディネートは何が問題か?



結構話題になっていた高橋一生さんのファッション。

たくさんの人の意見を見ましたが、座談会でもお馴染みのお友達、
齋藤さんのご意見が一番納得できました


雑誌で振り返る、おじさんたちの90年代ファッション座談会〜前編〜FACY


「自分に似合う服ってなに?」居酒屋で聞いた、おじさんたちのファッ...FACY

齋藤さんのツイートをご紹介します。










・問題は「靴」


僕もこの齋藤さんのツイートとほぼ同意見
です。

齋藤さんのツイートでは更に靴についてのやりとりがあります。













ワークブーツにお詳しいお二人でも詳細がよくわからないようですが、
見たところレッドウィングのような、
ワークブーツをベースとした靴であることは間違いはないでしょう。

追記:公開直後に着用アイテムが判明しました。


​ 
こんなオチも。


やはりレッドウィングベースのワークブーツでした。

​RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク ラウンドトゥ :
¥ 34,992 (返品無料!)

(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




・服には相性がある


なぜ靴が問題なのか。

靴と、靴以外のアイテムの「ファッションテイスト」が合っていない
のです。

ファッションテイストはファッションの種類を表す言葉です。

料理にフランス料理、中華料理、和食などの種類があるように、ファッションにも種類があります



ファッションテイストの表現に使われている言葉は無数にありますし、ファッション業界でちゃんとした定義がある訳ではありません。

なので、一般人はもちろん、ファッション業界人でもファッションテイストの定義はあやふやですが、ファッションテイストを理解していないとコーディネートがチグハグになってしまいます

白ご飯には漬物、餃子には醤油とお酢、というように、料理には相性があります


それと同じように、ファッションテイストにも相性があるのです。

高橋一生さんが着用しているワークブーツのファッションテイストは「アメカジ」や「ワーク」


もちろんマッチするのは「アメカジ」や「ワーク」テイストの服です。具体的に挙げると、「アメカジ」はチェックシャツやスウェット、ジーパン。

​Levi's CLASSIC WORKER ALBANY RED DAHLIA PLAID :
¥ 4,050 (返品無料!)

(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​PEANUTS × BEAMS T / 別注 Crew Sweat :
¥ 8,640 (返品無料!)

(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​Levi's 501(R) カスタマイズドテーパード JUDAS :
¥ 9,828 (返品無料!)

(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



「ワーク」は「アメカジ」とかなり近しいファッションテイストなので重複するアイテムも多いのですが、カバーオールやワークシャツなんかが「ワーク」テイストのアイテムにあたります。

​CARHARTT Michigan Chore Coat :
¥ 34,560
(価格は記事執筆時のものです)




​Dickies 574 :
¥ 4,788 (返品無料!)

(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



ワークブーツは以上のような、カジュアルなアイテムと相性の良い靴
です。

​ ​RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク ラウンドトゥ :
¥ 34,992 (返品無料!)

(価格、返品条件は記事執筆時のものです)





ですが、高橋一生さんの靴以外の着用アイテムは「ロック」や「モード」といったファッションテイストで、「アメカジ」や「ワーク」の要素はほとんどありません

「ロック」や「モード」は、「アメカジ」や「ワーク」との相性は良くありません



もしも、ワークブーツの色が黒なら、他のアイテムと色の整合性が取れてコーディネートも成立していたのかもしれません。

​RED WING SHOES アイリッシュセッター :
¥ 39,960 (返品無料!)

(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



ですが、「アメカジ」「ワーク」テイストの強い茶色のブーツを着用しているので、高橋一生さんのコーディネートでは靴だけが浮いてしまっているのです。



食材も調理方法もフランス料理なのに、ソースの味付けだけが中華料理、みたいなものです。



もちろんそういった調理方法をしてはいけない訳ではありません。その人の自由です。



ですが一般的に考えてそういった調理方法で料理が美味しくなる確率は極めて低いでしょう。


ファッションが大好きで、ファッションには時間やお金のリソースを存分に割きたい!と思っている人以外の普通の人はフランス料理と中華料理のマッチングに挑戦する必要はないと思います。

スポンサーリンク






・ファッションテイストをわかりやすくします




今まで当ブログで何度かファッションテイストについての記事は書いてきましたが、まだまだ自分でもわかりやすくご紹介できているとは思っていません。













なので、今後はファッションテイストを今よりもわかりやすく解説した上で、誰もが簡単に自分のイメージする服を選べるような方法をご紹介できたらと思っています。

今までのファッション指南系の本やブログなどは、発信者が着ている・好きなファッションにユーザーを近づける、というケースがほとんどだったと思います。

それはそれでアリだと思いますが、僕はひとりひとりの好きなものやその人のキャラクターにマッチしたファッションの選び方を提案したいと考えています。


・高橋一生さんにオススメしたい靴




で、そのベースになるのが先日公開した新サイトでもご紹介している、シンプルでベーシックなデザインの「普通の服」です。


男の普通服。



「男の普通服。」でご紹介しているベーシックなデザインのアイテムにはファッションテイストがほぼありません。ゼロではありませんが、極めて無いに等しいのです。



なので、高橋一生さんのコーディネートに合わせるとしたら、同じワークブーツでもブランドストーンなら違和感は生まれなかったと思います。







スニーカーでもムーンスターLOWBASKETなら問題はなかったでしょう。


このような、どんなファッションにもマッチする「普通の服」はファッションの幹となると思います。齋藤さんにもツイートの流れで僕のご紹介している内容に触れていただいています。



「普通の服」を幹として、「ファッションテイスト」はその枝葉となる存在だと思います。

この2つをわかりやすくご紹介するのが当面の僕のミッションだと思っています。

「ファッションテイスト」については現在鋭意研究中で近々ご紹介する予定ですので、お楽しみに。

最後までご覧いただきありがとうございました!

​スポンサーリンク

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINE@でブログの更新をお知らせします。

不定期ですが育児ブログも書いています!



この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら