マルイの売上げを伸ばしたファッション×機能。



先日こんなニュースが出ていました。



丸井が新PB「ラクチン」シリーズとカード事業好調で増収増益 | BRAND TOPICS | BUSINESS | WWD JAPAN.COM

一部引用します。

「おしゃれ×共通価値×値頃感」をコンセプトに店舗・カード・ウェブを連動させた幅広い商品やサービスの提供に力を入れた。特に新PBの「ラクチン」シリーズが好評で、松雪泰子を起用したテレビCMの効果もあり、新PB売上高は半期で52億円(同192%)に伸びた

今回取り上げたいのはこの「ラクチン」シリーズに関してです。


https://voi.0101.co.jp/voi/webshop/customerl_portal/index.jsp

私のおぼろげな記憶では

マルイは2年前くらいからこの「ラクチン」シリーズを拡大させていたような気がします。

当時はメンズではシューズやバッグ、Yシャツなどのビジネスアイテムが

中心だったと思いますが

今見ると品揃えはカジュアルアイテムまで拡大されています。

例えば鞄はこんな感じ。



レディスではかなり品数が増えており、


https://voi.0101.co.jp/voi/webshop/l_onepiece_12/closeup03.jsp



ワンピースやコートなどファッショナブルなアイテムも多数出ています。

ラクチンシリーズの企画はこんな感じだそう。


かなり手間と時間がかかっているようです。


引用した記事にもあるように、

「ラクチン」シリーズは前年同期比192%という大ヒットシリーズになっています。

日本を代表するファッションビル、と言っても良いくらいの

歴史と知名度を誇るマルイが

ここまで気合を入れた機能重視のアイテムを作っている、

という事は今のファッションの流れを象徴しているのではないかと思います。



以前


と題し

GMSはファッションを打ち出すのではなく、

機能を重視した商品を拡充すべきではないか、

というエントリを書きましたが、

マルイのようなファッショナブルなショップでも

売上げを伸ばす為にはこういった機能重視のアイテムが必要になってきています。

現在この機能重視の流れはマルイくらいまでで、

それよりもファッショナブルなショップ、

例えばセレクトショップでは殆ど見られませんが、

今後はこの分野に挑戦する

セレクトショップが現れるかもしれません。



※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。