高機能アイテムを必要としてるのはオトナよりもティーンズかも。

今まで何度も私のブログでご紹介した

面白い企画No.1メンズファッション誌、Samurai ELO。




山田耕史のファッションブログ: セレクトショップ人気をガチ調査。Samurai ELO1月号の特集が面白い。

山田耕史のファッションブログ: 天下のユニクロに喧嘩を売ったsamurai ELOのユニクロ特集が素晴らしい。

山田耕史のファッションブログ: ※ただしイケメンに限る と言われないモテファッションとは!?

現在発売中の2014年2月号でもトガった特集が組まれており、



Elasticさんに取り上げられています。

Elastic: 「買っていはいけない報告書」SamuraiELOがファストファッションにダメ出し


しかし、2014年2月号で光っていたのはこの特集だけではありませんでした。

私が目を引かれたのはこの特集。



「冬でも温かく過ごせるアウター探し隊!」と題し、



↑こんな感じで

Pコート、モッズコート、ダウンジャケット、マウンテンパーカー、

MA-1、ライダース、チェスターコート、スタジャン

それぞれの防寒力を測っています。



結果はこんな感じ。

他のアイテムの結果は誌面をご覧いただきましょう。



今までも機能重視のトレンドに関するエントリを書いてきましたが、

山田耕史のファッションブログ: 加速するベーシックデザイン×機能。

山田耕史のファッションブログ: マルイの売上げを伸ばしたファッション×機能。

ここで私が感じたのは

Samurai ELOのようなティーンズが読む雑誌で

MONOQLOのような機能比較の特集が組まれている事です。


考えてみるとそれも自然な事なのかもしれません。

ティーンズは少ないお小遣いや服を買っています。

そんな彼らにとって値段の高い冬アウターは

失敗出来ない買い物。

ファッション性も大事ですが、冬を乗り切る防寒性も

軽視できない条件なのでしょう。

もしかしたらティーンズは

主婦ばりにコストパフォーマンスを気にする層なのかもしれません。

どうしても若者=ファッション重視で実用性は二の次、

という考えになりがちですが、

若者こそ機能性を重視した商品を必要としているのではないでしょうか。












※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。