パクリとインスパイアの境界線とは?米コンバース模倣訴訟続報。



【このエントリのポイント】

今後はそこそこデザインアレンジしていても
パクリと判断される可能性があるかも。

こんにちは。

新しいバックパックを物色中の

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

現在の有力候補はPRADA(どうせ買えませんが)とMountain Hardwearです。




・何故か日本のメディアが報じない米コンバース模倣訴訟


昨日のエントリでお伝えした米コンバースのオールスター模倣訴訟の話題。

山田耕史のファッションブログ: ファッション業界の常識が変わる?ラルフローレンがコンバースオールスターの模倣中止に同意。

昨日はHYPEBEASTの記事を見てすぐさまエントリを書いたのですが、

今朝になってググってみると複数ウェブメディアがこのニュースを報じていました。

Ralph Lauren agrees to destroy 'copycat' Converse sneakers | Daily Mail Online

Converse, Ralph Lauren Enter Trademark Settlement Agreement - Legal - Business - WWD.com

Ralph Lauren Agrees To Destroy All Its Converse Copycats In Settlement – Consumerist

Ralph Lauren destroy trainers after being sued by Converse | BitterWallet

が、何故か日本語のニュースはGoogleのニュース検索では全くヒットせず。



英語や中国語ならヒットするのですが。



何故なんでしょう。

日本のウェブメディアはこのニュースを報じる価値が無いものだと考えているのか、

それとも何か別の理由があるのか。

よくわかりません。

・ラルフローレンには商品の破棄に加え和解金+αも


で、他のニュースサイトに記事が掲載された事で

昨日のHYPEBEASTの短い記事(と、私の貧困な英語力)だけでは

わからなかった部分が見えてきました。

(といっても今回も勿論Google翻訳に頼りっきりですw)

Ralph Lauren agrees to destroy 'copycat' Converse sneakers | Daily Mail Online

↑こちらの記事が画像入りでわかりやすかったので画像のスクリーンショットと共に引用します。

ラルフローレンはコンバースが訴訟で指名した36種類のスニーカーを廃棄処分にし、

ラルフローレンは和解契約金以外にも非公開の金額をコンバースに支払うそうです。

こちらがオリジナル。コンバースのオールスター。



そしてこちらがラルフローレンが模倣であると認めた(と言ってしまっていいのでしょう)スニーカー。



デザインのポイントになるのはトゥキャップとソールのラインだそうです。



・パクリとインスパイアの境界線とは?


私は上掲の画像を見た時、

「このレベルでもアウトなんだ」

と思いました。

確かにラルフローレンの商品のトゥキャップやソールはオールスターに酷似していますが、

ポロマークの刺繍が施されていたり、ストライプのパイピングが付いていたりと

細かいですがデザインアレンジがされています。

このようなアレンジされている商品も模倣と見なされてしまうという事なのでしょう。

このラルフローレンの商品がアウトなら、

世の中にはもっとアウトな、オールスターのデザインそのままの模倣商品が山ほどあるでしょう。

どこにデザインのオリジナル性を見出すかによると思いますが、
(今回のオールスターの場合はトゥキャップとソール)

この訴訟は私が考えていたよりも

今後のファッション業界のあり方に影響を与えるかもしれません。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら