Featured Post

イケてるスニーカー勢揃い。返品無料の最強スニーカーショップ「Amazon KICKS」。





こんにちは。エアジョーダンは7→8→6の順に好きなファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。

友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。

<山田耕史のファッションブログ オススメ人気過去記事>
ファッションなんてカンタンです。格好良い服を着るのではなく、ダサい服を着なければいいのです。
  
  


シューズやバッグはAmazonで。メリットありまくりです。

  


   




みんな大好き、Amazon。

当ブログでは以前からAmazonの返品無料といったユーザーの利便性最優先の素晴らしいサービスや(詳しくはAmazonで服を買うことの圧倒的なメリット。をご覧下さい)、いつの間にか伊勢丹新宿店もびっくりのブランドの顔ぶれになっていた高級紳士靴の品揃えなど(詳しくは【全30ブランド】Amazonの高級紳士靴の品揃えが凄過ぎる。【全品返品無料】をご覧下さい)、Amazonの素晴らしさをご紹介してきましたが、今回はスニーカーに関してです。

スニーカーも多くの商品は返品無料。気になる商品を自宅で好きなだけ試着できて、気に入らなければ無料で返品できていましたが、実はAmazon内にAmazon KICKSというショップインショップのようなものが誕生しています。



Amazon.co.jp:Amazon KICKS(アマゾンキックス)スニーカー好きも唸るスニーカーセレクトショップ集合

詳しい説明はサイトから引用します。

都内有数のスニーカーショップである「mita sneakers」「Styles」「atmos」「CHAPTER」「KICKS LAB.」「TOKYO 23」「kinetics」が一堂に集結し、アマゾン内にスニーカーに特化したストアが誕生しました。その名もAmazon KICKS(アマゾンキックス)。ストア名が意味する通りキックス(=スニーカー)フリークも唸る垂涎のアイテムを多数ご用意しております。貴重なショップ別注から一足は持っておきたい定番モデルまでこだわりの逸品をお楽しみください。


出店ショップはこんな感じ。



僕はエアマックスブームがファッションにハマるきっかけだったのですが、当時神戸で高校生だった僕は「mita sneakers」や「CHAPTER」などの雑誌に頻繁に登場していた当時からの人気ショップは正に憧れの存在でした。

そんなショップの商品がAmazonで返品無料で気軽にポチれるなんて良い時代になったものです。

ちなみに品揃えもなかなかのものです。人気のスニーカーブランドは網羅しています。



過去には即完売となったマスターマインドコラボのコンバースオールスターも取り扱っていたりと、人気モデルも少なくありません。



この記事を書いている今在庫があるものだと、僕が大好きなエアジョーダン7のオールホワイトモデルやエアジョーダン6のオールブラックモデルがサイズは限られるものの、在庫があったり、

​AIR JORDAN 7 RETRO:​¥ 16,200​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



​AIR JORDAN 6 RETRO:​¥ 19,980 - ¥ 24,840​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




あと、個人的に気になるものとしては一時期は高嶺の花過ぎて欲しくても買えなかったナイキのエアウーブンや

​AIR WOVEN:​¥ 15,120​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



履き心地最高のアシックスタイガーのシンプルで高級感があるモデル、

​GT-II:​¥ 12,960​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)




​GT-II:​¥ 12,960​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



高校の時に履いていて最近復刻されたプーマスウェードなどなどいい感じのスニーカーが満載です。

​SUEDE CLASSIC:​¥ 10,488 - ¥ 10,584​​(返品無料!)(価格、返品条件は記事執筆時のものです)



スニーカーは手持ちの服との相性をきっちりと確認してから買いたいもの。Amazon KICKSなら返品無料なので、自宅で取っ替え引っ替え服を着替えて確かめられるので買い物の失敗が起こりようありません。


賢く使って効率的にファッションを楽しみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションに関する質問を募集しています。​
山田耕史のファッションブログ:質問フォーム


ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。
友だち追加←LINEでブログの更新をお知らせします。

この記事を書いた人
山田耕史 Instagram Twitter

詳しいプロフィールはこちら