2014年6月30日月曜日

テニスシューズにおける日本メーカーと海外メーカーのデザインの差。



こんにちは。

今週は曇りの予報の日が多く

趣味の自転車通勤が出来そうなので心が踊っている山田です。




先日、16年ぶりにテニスシューズを購入しました。

部活で毎日テニスに励んでいた学生時代は

15000円くらいのフラッグシップモデルを着用していましたが、
(フラッグシップを履く程上手い訳でもないのに)

今回は月に数度、近所の公園で壁打ちをしよかというくらいの使用頻度の低さなので

5000円前後のエントリーモデルをAmazonを物色していました。

私が学生時代時代から愛用していたテニスシューズはアシックスです。

私は機能性が世界で一番優れているスニーカーメーカーは

アシックスだと信じています。

最近人気のニューバランスも履き心地の定評は高いですが、

アシックスのスニーカーの日本人に合った足型によるフィット感と

独自のクッショニング素材「GEL」の自然なクッショニングは

他のメーカーの追随を許さないと思っています。

今回も是非アシックスのテニスシューズを買おうかと思いAmazonを見ていたのですが…

見ていてアシックスを買おうかどうか迷い始めました。

その理由は。

デザインの残念さです。

例えばこちら。



GEL-DEDICATE 3 MT OCという定価が¥ 8,100のエントリーモデルですが、

かなりオジサンっぽいデザイン。

他の日本のメーカーのエントリーモデルを見てみても、

ミズノのWAVE SENSATION 2(定価¥ 6,300)




ヨネックスのPOWER CUSHION 207(定価¥6.800)



デザイン性が優れているとはお世辞にも言えません。

ところが。

同価格帯のモデルでもナイキのVAPOR COURT(定価¥6,804)なら



このスタイリッシュさ。

これならカジュアルウェアに合わせる事も不可能ではありません。

このデザイン性の差はハイエンドモデルになると更に顕著で

ナイキのハイエンドモデル、ルナバリスティック オールコート(定価¥ 18,360)は



かなりスタイリッシュなデザイン。

他にもズーム ヴェイパー 9.5 ツアー (定価¥ 16,200)など、



ナイキのハイエンドモデルは

原宿のスニーカーショップに並んでいても違和感のないデザインです。

このデザイン性の高さはナイキだけではありません。

例えばアディダス。

レディスモデルになりますが、アディダスのステラ バリケード AC



その名の通り、ステラマッカートニーデザイン。

高級セレクトショップにでも置いていそうなデザインです。
(ま、ステラマッカートニーなので当たり前と言えば当たり前ですが)

ではアシックスのハイエンドモデルはどうかというと、

定価¥ 15,120のGEL-SOLUTION SPEED



エントリーモデルよりはデザイン性は高いものの、

オシャレなデザインとは言い難いでしょう。


何故日本のメーカーのスニーカーはこのようなデザインになってしまうのでしょうか。

テニスは他のスポーツよりもアダルト層の競技者が多く、

それくらいのエイジの好みに合わせたデザインをわざとしているのかも、

と想像したりもしましたが、

中高生がメインの競技者で若者にウケるデザインが必要と思われる

バスケットボールでもアシックスのシューズはGELDIVISION 5




GEL LEGEND 5のように



ナイキなどのデザインを意識しながらもどうも中途半端な感じになってしまっています。


アシックスはオニツカタイガーに若手デザイナー、ANDREA POMPILIOを招いたりして


画像引用元:http://www.onitsukatiger.com/ja-jp

ファッションの打ち出しを強めているようですが、

アクの強いANDREA POMPILIOのデザインに反応するのは

ごく一部のファッション好きのみでしょう。

METRO NOMADなど、



オニツカタイガーのシューズはファッションアイテムとして

ある程度認知はされていると思いますが、

それだけに留まらずテニスシューズやバスケットボールシューズのように

多くの人が対象である様々なスポーツシューズの

デザイン性を高める事にも注力して貰いたいなと思います。


と、色々言って来ましたが、結局私が購入したのはこちら。



アシックスのGEL-DEDICATE 3 MT OCです。

先日初めてこれを履いてテニスをしましたが、やはり機能性は抜群。

エントリーモデルながら、履き心地は最高でした。

だからこそ、このデザインが残念でなりません。

いつの日かデザインでもアシックスを選ぶ日が来る事を願っています。


※注
ここで述べられている内容は書き手の所属する組織・団体の主張を
代表・代弁するものではなくあくまでも筆者一「個人」としてのものです。







----------こちらのページもいかかですか?----------


ナイキがいつまでも革新的なブランドである秘密。


アディダスがオリンピックを金まみれにした?アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争


ニューバランスのスニーカーがヒットした本当の理由。