Featured Post

売れたアイテムだからこそアピールが必要。【ユニクロチラシ定点観測vol.5】



こんにちは。

スニーカー難民になっているファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。




チラシが配信されてから少し時間が経ってしまいましたが、

ユニクロチラシ定点観測vol.5です。


-----今までのユニクロチラシ定点観測-----

2014年10月24日
山田耕史のファッションブログ: 顧客像を見極める事が必要【ユニクロチラシ定点観測vol.4】

2014年10月17日
山田耕史のファッションブログ: 商品を買う気にさせる情報とは何か?【ユニクロチラシ定点観測vol.3】

2014年10月10日
山田耕史のファッションブログ: デザインは毎週変わる?ユニクロチラシ定点観測中。

2014年10月3日
山田耕史のファッションブログ: ユニクロの叡智が詰まったチラシの秘密。

・「もっと」進化したフリース


今回のチラシ表面です。



「フリース20周年感謝号」。

かつて一世を風靡した芸能人を起用したユニクロのCM。

山崎まさよしさんなんかが話題になりましたよね。

今回もイッセー尾形さんやトータス松本さんなど、

独自の感覚の芸能人を起用しています。




プロダクトとしてのフリースのアピール。

「独自の新素材でもっと暖かく」。



サーモグラフィを載せ、暖かさをヴィジュアル的に表現。



暖かさという機能面に加え、

「ますます多彩に揃った色柄からもっと選べる」

と柄の豊富さをアピールをしたり

「着こなしが広がるからもっと楽しく」

とアイテムの多様性をアピールしたりと、

「もっと」をキーワードに今までのユニクロのフリースとの違いを打ち出しています。




・誰もが知っているアイテムだから違いをアピール


1999年には850万枚、翌2000年には2600万枚と

膨大な数を売り上げたユニクロのフリース。

日本国民みんなが着た事があると行っても過言ではありません。

みんなの脳裏に「あんな感じ」というイメージがあるアイテムなので

今回のチラシでは過去とのフリースとの違いを強くアピールして

手に取って貰えるようにしようという意図が見えます。


・アイテムラインナップを明確に


表面右側はヒートテックです。



「これらの必需品」

として

「裏地の起毛加工と厚みのある生地で通常ヒートテックの1.5倍の保温性」

である極暖ヒートテックをアピールしています。



私が注目したのはヒートテックのアイテムラインナップを明記している事。

メンズは

「タートルネック(長袖)」

「クルーネック(九分袖)」

「Vネック(九分袖)」

「タイツ」



レディスは

「タートルネック(長袖)」

「クルーネック(長袖)」

「レギンス(九分丈)」



というラインナップ。

ヒートテックのアイテムは売場ではパックに入れられて販売されており、

どんなアイテムなのか一目ではわかりづらい為

チラシでこのようにアピールしているのでしょう。

私もどんなアイテムがヒートテックで展開されているのか

イマイチ明確に把握していなかったので

今回のこの説明はありがたかったです。


裏面はウール推し。



メンズ、レディス共に様々なウールアイテムがセールになっています。



・キッズも機能とファッションの両方をアピール

裏面右側はキッズ。

復活したユニクロ×アンダーカバーのコラボ。

デザイナーの解説もしっかり。



3連休でのお出かけ、衣替えを喚起しています。



キッズの「ライトウォームジャケット」は

画像で機能性をアピール。



大人のアイテムだけでなく、キッズでも機能訴求の抜かりはありません。

暖パンや



隠れた稼ぎ頭ルームセットなどあったか訴求アイテムは他にも登場しています。



・【今回のポイント】売場の弱みをチラシで補完


今回のポイントはヒートテックのアイテムラインナップでしょう。

売場ではアピールし辛いパックアイテムのラインナップをチラシでキチンと補完しているのは

ユニクロらしい配慮だと感じました。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら