Featured Post

漫画「NANA」の聖地、ジャクソンホールに行って来ました。



【このエントリのポイント】ジャクソンホールは凝った内装でショートトリップ気分が味わえる

こんにちは。

シンみたいにヴィヴィアンが似合う顔と体に生まれてみたかった

ファッションアナリスト山田耕史(@yamada0221)です。






・未完の人気漫画「NANA」


私が専門学校生の時にファッション誌ZipperCookieに連載されていたNANA。

(今やそのZipperも季刊になってしまいました…)

当時私の周りはみんな読んでいましたね。

フランス留学中も

友達が実家からZipperのNANAページだけを送って貰っていたのを借りて読んでいました。

今ならAmazonで古本が21巻セットで500円ちょいで買えたりします。安いですねぇ。



今は作者の体調不良で2009年から休載しています。

早く良くなってもらいたいですね。



NANAの作中に頻繁に登場するのがジャクソンホールという実在するバー。

当時パリにいた私にとって行きたくても行けない軽く憧れの場所でした。

日本に帰国し、東京に引っ越して来た頃にはNANAが休載になっており、

ジャクソンバーガー熱も冷めていたのですが、

つい最近ジャクソンバーガーが調布にある事を知りました。

甲州街道沿いにあるお店の前は車でよく通っていたのですが、

調布で昼食をするチャンスがなかなか無く、長い間訪れられずにいました。


・凝りまくったアメリカンな内装


場所は京王線調布駅から徒歩5分くらい。

外観からもかなりこだわりが感じられます。



こちらが入り口。



NANAでも登場していたハンバーガーがウリのようです。



かなりのカウボーイ推し。



入ると

1階はカウンターがメインです。

ランチはドアを入ってすぐの所で注文するようになっていました。



外観以上にこだわりが感じられる内装。



壁や床の木材、机、椅子からちょっとしたインテリアグッズまで

一分の隙も無いアメリカンっぷり。





NANAの単行本も発見。



これは1階の奥にある小便所。

昔のアメリカのカフェを再現しているのでしょうか。

扉が入ると足と頭が丸見えで、

音が聞こえてしまうんじゃないかとドキドキしました。



1階の奥と



2階はテーブル席。



私は2階の奥まった席を選びました。



こちらがランチメニュー。

私はジャクソンバーガーを注文しました。



アメリカンなビールも揃っています。



こちらがジャクソンバーガー。

肉感が強いアメリカンな味でした。



ポテトと



ジュースが付いて770円。

あまり量は無いので男性だとちょっと物足りないかもしれません。



詳しい情報は食べログでどうぞ。

ジャクソンホール (JACKSON HOLE) - 調布/バー [食べログ]


・凝った店内でショートトリップ気分


凝りに凝った内装はまるでアメリカのバーにいるかのようで、

食事を終え店外に出ると映画館から出た時のような気分になりました。

770円はハンバーガーとしては少し高価な部類に入りますが、

ショートトリップを味わったような気分になったので

私はあまり高いとは感じませんでした。

このショートトリップ感、一部の服屋でも味わえますが

こんな店があれば財布の紐も緩むのにな、と思いました。


最後までご覧いただきありがとうございました!

ファッションネタはTwitter(@yamada0221)でも随時呟いていますのでよろしければフォローしてみて下さい。





このエントリを書いた人
山田耕史 詳しいプロフィールはこちら